アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  さくら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの偽日記

『なきむし』

うっ、
うっ、
うわーん!

さくらかなしいの。

おかいものの
だいじけん。

たいへん!
こさめおねえちゃんが
ひゃくえんだまを
おとした!

それをさがした
りっかおねえちゃんが
なぜか
ごひゃくえんだまを
ひろった!

そのよこで
せいかおねえちゃんが
あきかんを
ひろって
ごみばこにすてた!
ぽいすてきんし!

ごみをひろうのって
えらいね。
でも、ちいさいちいさい
さくらくらいのこは
われたびんでけがをしたり
よごれがついちゃったり
するかもしれないから
ごみがあったら
おとなにいいましょう!
さくらが、えらいおねえちゃんになれるのは
ずいぶんさきのこと。

またまた
おかいもの。
やったね!
ほりだしもの。
しんせんなゴーヤが
おねうちかかく。
ほくほくかいこんだ
ほたるおねえちゃんは
かえってきてから、
にもつになっちゃう
どうしようって、
うろうろかんがえこんでいます。
おにいちゃん!
ほたるおねえちゃんは
にもつをながめてあるいて
かんがえながら
ぱくぱく
ぱくぱく
たべてるの。
たってたべるの
いけないの!
バーベキューのときだけです!
かんがえるって
おなかがすくね。
おにいちゃんも、なにかたべる?
かっておいたおやつがすくなくなってきたから
おみやげをいっこあけて、みんなでわけた
ちんすこうショコラ。
かりかり
よくかんで。
さくらがゆっくりたべても
とけないチョコの、
あまいあじ。
ゴーヤどうしよう。
このまえ、バーベキューしたけど
あしたもやいてたべる?

あしたのよるが、おきなわに
ありがとうとバイバイまたねの
さよならばんごはん。
あさってはね、
ごはんはあさごはんだけ。
おうちにかえるの!
さくら──
かなしいの。
おにいちゃんと
まだここにいる!
もっと
おきなわで
おにいちゃんと
バーベキューたべる!
うわーん!
どうして、かえってしまうの?
たのしかったのに。
うみにはいって、
めずらしいおやつをたべて、
よるはおにいちゃんといっしょに
おふとんのなか。
あさがきたら、シーサーがいる
にわをあるくよ。
おうちではできないんだもの。
まだりょこうする!
さくら、これから
いっしょうりょこうしたいけど
そんなのいけないことなの。
わーん!
わーん!
さくらをなきむしにさせてしまう
りょこう。
たのしいのに、どうして?
そしたら、みんながね、
おうちにかえったら
さくらちゃんのだいすきな
ひよこのおちゃわんとおはし、
かんうとサマンサとアントワネットと
アルエルとひゃくごけい、
それに、あさのラジオたいそうが
まっていてくれるんだからって。
そうだった!
おにいちゃんとまたラジオたいそう
できるね。
まいにちのあさの
おたのしみです。
おうちにかえったら
おおきなシーサーとは
おわかれだけど
ちいさなシーサーは
つれていけるから
よかったね。

あしたは、ひこうきのいちにちまえ。
まるいちにち、おきなわにいられる
このなつさいごのひ!
すいぞくかんにいくんだよ。
たくさんさかながいるの。
ちいさいさかなや
おおきいさかなや
かわいいさかなや
こわいさかな。
こわいさかなって
こわいかな──
こわかったら、おにいちゃんにかくれていい?
おおきなすいそうがあって、
それはもう
おおきなおおきなすいそうに
さかながみずのなか。
そんなにみずがいっぱいあるところにいって
さくら、ちゃんとおよげるかな。
じゅんびうんどうしてから
いきます!

さくらの偽日記

『ラジオたいそう』

ちゅんちゅん、
ちちち。

ごあいさつ。

いちにちがはじまったよ。
きょうもげんきだよ。

つたえてる──
なつのあさ。

さくらも、げんきに
たいそうをはじめます!

かぞくといっしょの
ラジオたいそう。

おおきいおねえちゃんは
いそがしくて、なかなかさんかできない
ラジオたいそう。
ちいさいこは
あさから
みんなでそろって
うでをのばします。

そらちゃんだって
おとにあわせて
みんなにあわせて
せをのばして、とびはねる。
さわやかないちにちをはじめます。
りっぱだね。

おにいちゃんと
りっかおねえちゃんは
よくさんかするの。
えらいですね。
けんこうてきだね。
きもちのいいたいそうは、
からだによくきくたいそう。
いちにち、げんきでいられる
まほうのおどり。
まほうつかいがかんがえたの?
あさがはじまったら
ちからいっぱいのたいそうで
いいはじまり。
かぞくに
ことりに
おはようございます。
さくら、きょうもラジオたいそうするの。
みんながそろう
なつやすみです。

ラジオたいそうのおどりは
おぼえたけれど
そしたらね、
なつやすみのおわりにね、
おまつりがあるんだって。
おまつりには、ぼんおどりをおどるよ。

なつやすみのはじめにも
ぼんおどりのおまつりがあって
おわりに
またあるの。
ちがうところで。

さくら、まえのおまつりで
おどるまえに
つかれてねちゃった。
どんどん、
ぴーひゃら、
りんごあめも
ゆめのなかです。

おまつりのおどり、
おにいちゃんのせなかだったの。
もしかしたら、
ヒカルおねえちゃんのせなかだったの。
ラジオたいそうのおどりを
おぼえたさくら。
はなまるはんこが
しち、はち、きゅう、じゅう──
りょうていっぱい。
りっぱ?
こんどは、ぼんおどりも
できるのかな?

おぼんのおどりが
ぼんおどり。
ごせんぞさまをおむかえすることだよ、おぼん。
ぼたもちをつくっていただく、おぼん。
きてくれるよ、
てんごくにいる、おじいちゃんやおばあちゃん。
あったことのない
ひいおじいちゃんやひいおばあちゃん。
さくらのことをしんぱいしている、ごせんぞさまが
みにきます。
げんきでいるよ、っておしえてあげて
あんしんしててんごくですごしてもらうために
みてもらうよ、ぼんおどり。
てあしをのばして、せをのばして
おどるよ。
さくらの、ぼんおどり。
ラジオたいそうじゃないの!
ちがうおどりなの。
さくら、ちゃんとできるかな?
おきなわにいってね、
うたにあわせておどるのも、
べつのおどり。
なつやすみのあと
ようちえんのうんどうかいでおどるのよって
マリーおねえちゃんたちがおしえてくれたのも
べつのおどり。
うわーん!
そんなに、おぼえられないよ!
さくら、うまくできなかったら
おにいちゃんのおどりのまねしていい?
なんでもおどれるおにいちゃんだもの!
ぼんおどりのときと、
おきなわのおどりのときと、
ようちえんのうんどうかいのとき。
ついていきます。
めいわく?
ぼんおどりに、さくらがうしろでちょこちょこしていたら
おどるのにじゃま?
そうだったら、どうしよう!
おにいちゃんは、まねっこさくらは
きらいですか?

さくらの偽日記

『しんがっき』

どきどき、
しんがっき。

ぴっかぴっかのいちねんせい
に、なると
ともだちは
ひゃくにん!
できるんだって。

ひゃくにん、
って、
どのくらい?
なんにん?

にじゅうにんよりおおい?
すくない?
おうちのかぞくよりおおかったら
ふぁみれすにいくまえに、よやく。
かぜのひは、いのちがけであそばなきゃ。
とほうもない
にんずうです、
ひゃくにん。

いちねんせいになるって
たいへん!

さくらは、
ようちえんのねんしょうさんです。
そのうち、ねんちゅうさんにそだって、
ねんちょうさんでむねをはって、
どうどうとそつぎょうしたら、
ほんとうにいちねんせいになれるのかな?
ようちえんでしっかりおべんきょうできないと、
さくらはだめよ!
って、いわれるかもしれない。
そうなったら、かなしいです。
いちねんせいってとおいね。

ねんしょうさんは、
ともだち、なんにん?
さくらは、
いち、
にぃ──
……
あんまりいないの。
ちゃんとひゃくにんになる?
そんなんじゃ、ともだちひゃくにんできません!
いちねんせいはだめ!
って、なる?
まだだいじょうぶ?
ちいさい子なの。
そらちゃんだと、ともだちどれくらいいるのかな?
そしたら、おしえてくれたよ。
ごひき!
にじこちゃんは、ともだちのにんずう
はっぴき!
と、はちにん!
おうちや、こうえんにくる、
ねんしょうさんよりちいさいおともだち。
あーちゃんは、まだあかちゃんだから
かぞくだけ。
じゅうきゅうにん。
あれ?
あかちゃんなのに、おねえちゃんたちより
ふえた。
おおいね?
おうちのかぞくは、いっぱいです。
さくらも、あかちゃんのころは
おともだち、じゅうきゅうにんだった?
そうだとおもうの。
だって、かぞくは、きのうもきょうも
にじゅうにん!
これからだって、
にじゅうにん!
いつでも、
にじゅうにん!
ママがいたら
にじゅういちにん!
なの。
でも、さくらね、
おともだちがほんとにそんなにたくさん
できるかなあ?
ひゃくにんって!
あのね、
おともだちをつくるの、にじちゃんがとくいです。
ふぁみれすにいったら、
さくらは風にびっくり、
人のかずにびっくり、
お子さまランチがたのしそうでびっくり、
たべておいしさにびっくりして
おどろいてばっかり。
にじちゃんは、
お兄ちゃん、おいしいね!
お兄ちゃんも、おいしいですか?
あーん!
まあ!
りはつなこね。
かわいいね。
いくつ?
にさい?
おとなっぽいわ!
まわりのおばさんたちと
すぐ、おともだち。
にじちゃん、いちねんせいになるよりさきに
ともだちひゃくにん
できるかも!
お兄ちゃん、あーんしてもらえてよかったね。
おーいしかったもんね、おしょくじ。
かわいかった、お兄ちゃん。
にじちゃんの
いもうと?
じゃあ、さくらのいもうと?
お兄ちゃんに、なでなで。
あーん。
だっこしてあげる。
かぞくだいすき、
かわいいいもうとだいすきな、さくらなの。
お兄ちゃんのことも
だいすきなかぞく。
おおきいから、だっこはできない?
もう、
おとなになった
お兄ちゃん。
さくらをだっこしてください!

ユキおねえちゃん、かわいいから
おともだちひゃくにん
すぐできるよ。
マリーおねえちゃん、かしこくて
みんしゅうひゃくまんにん
こんどはちゃんと
したわれるんだって。
もちろん、おともだちもいっぱいできるの。
おおきくなると、
おともだちはなんにん?
みはるおねえちゃんは
いちおくにんだって!
テレビの向こうで
かつやくをおうえんしてくれている
おともだちが、
そのくらい、
いるかもしれないって!
すごーい!
いちおくにんって、
なんにん?
さくらのおててのゆびと、
お兄ちゃんのおててのゆびと、
あと、どれくらいたしたらいいのかな?
じゅうはっさいで、いちおくにん。
それでね、さくら聞いたことある!
いちおくのつぎは、いっちょう。
おともだちが、いっちょうにんになるのは
なんさい?
はたちくらい?
おとなになる、はたち?
あれ? お兄ちゃん、はたち?
まだ?
おとなじゃないの?
そうかなあ?
お兄ちゃん、おとなだよ!
はたちだよ!
はたちじゃなくても、りっぱだよ!
さくらの大きなお兄ちゃんです。
おともだちはなんにんいる?
いっちょう?
それとも、さんごくしみたいに
だいじなしんゆうが
ふたりくらい?
さくらにもできるかな?
はたちになったとき
お兄ちゃんに、しょうかいするの。
おともだち、いっちょうにん。
できたらいいな。
まっててね。

さくらの偽日記

『しらないひと』

お兄ちゃん、
ごめんなさい。

おいしいおかしを
あげられなくて。

もしかしたら、
きょうは、たくさんあったかもしれない。

きのうね、
ようちえんのかえりみちに
あったの。

しらないひと。

かわいいおじょうちゃん、
どこにいくんだい。
おじさんのおうちは
おかしがいっぱいだよ。
こどもは見たことのない
すてきなものが
やまもりなのさ。
もっとほしいなら
たくさんかってあげるよ。
たべたいだけ、あげてもいいんだよ。

えっ!
そんなおうちもあるんだ?
おかしやさん?
おかねははらわなくていいの?
あやしいな。

おかしがもらえたら、
お兄ちゃんとわけたいの。
たのしい、おやつのじかん。
おやすみの日は、お兄ちゃんといっしょのおやつ!
見たことがないおかしがあったら
よろこんでくれる?
さくらは、お兄ちゃんといるとうれしいから
お兄ちゃんも、さくらとおやつをたべるのがすきで、
もっといっしょがうれしいな、
って、おもってもらえたらいい。
さくらのしらない、
おいしいおうち。
そんなのがあるっておしえてあげたら
お兄ちゃんはびっくりするかな?

だけど、
さくらは泣き虫だから
しらないひとだ!
こわい!
このひと、さくらをどうするつもりなんだろう?
なにされちゃうの?
こわいこわい、
どうしよう、
お兄ちゃん、たすけて!
うわーん!
だれかー!
わんわん、泣いちゃった。
そしたら、
いなくなってた。
こわかったよう!

お姉ちゃんたちに話したら、
それはたいへんだ!
みづきお姉ちゃんに話したら、
まものじゃ!
みんなが言うの。
とってもこわいね!
さくらちゃんがぶじでよかった!

あのひとは、赤ずきんちゃんのおおかみなんだって。
あやしいおとなのひとは、こわいひと!
こえをかけられたら、おおごえでたすけをよばなくちゃ!
うっかりだまされてしまったら、
おうちにさきまわりされて、
おばあちゃんをたべられちゃう。
さくらのおうちには、おばあちゃんがいないから、
お兄ちゃんがたべられちゃう!
うわーん!
うわーん!
お兄ちゃん、たべられないよね?
つよいよね?
だけど、おおかみってわるだくみがとくい。
あまいことばで
ひとをだますんだって!
だまされないでね!
お兄ちゃん!
さくらも、あぶなかったの。
ずるがしこくて
こわいひと。
おおかみ!

お姉ちゃんたちはね、
おかしなんかよりも
さくらちゃんがだいじよ!
って言うの。
さくらも、もうおかしにつられたりしません!
あんなこわいできごとは
もうこりごり。
これからは、おおかみをみたら
すぐ、おおごえ出してにげるよ!
きをつけます。
お兄ちゃんに、かわったおかしをとどけてあげられなかったけど
いいよね?
かぞくがおおかみにたべられてしまうのは
いやだもの!
お兄ちゃんも、お姉ちゃんたちも、
ずっとずっと、たべられていなくなったりしないで
これからもいっしょにいないと
さくらかなしいの。

それでね、
さくらは、お兄ちゃんにおかしをあげるために
しらないひとにたよらないで
ちゃんとれんしゅうして
しゅぎょうして
ぱてしえになる!
ゆうなお姉ちゃんが、言ってるよ。
マホウつかいになるのも
ぱてしえになるのも──
りっぱなしごとにつくためには
しゅぎょうがだいじ。
お姉ちゃんたちも、言ってるよ。
おてんきおねえさんも
おいしゃさんも
うんてんしさんも。
どりょくしているから、なれるんです。
はるかお姉ちゃんと、ほたるお姉ちゃんが
すてきなぱてしえになったのも
しゅぎょうしたから。
これから、お兄ちゃんのために
すてきなおよめさんになれるように
たゆまずしゅぎょうをつづけるんだって。

ぱてしえは、ちいさい子みんなのあこがれ。
それとも、お兄ちゃんは
さくらが、ちがうしごとをするのもいいと思う?
ぱてしえよりも、さくらがあこがれるのは
およめさん。
おかしよりもだいじなものは
かぞく!
さくらは、まだちいさいから
さらわれないようにするところから
はじめます。
さらわれたら、おとなになれないし
どんなしごともできなくなっちゃう。
さらわれたら、お兄ちゃんがいないおうち。
おかしがあってもたのしくないよ。
お兄ちゃんのところにおよめにいくまえに
さくらがさらわれて、どこにもいなかったら
さくら、どうすればいいかわからないの。

おおかみも、だいすきなかぞくがたくさんできて
わるだくみしないでいられたらいいとおもいます。

さくらの偽日記

『おかし』

もうすぐホワイトデー
なんだって。

なんの日だろうと
おもっていたら、
びっくり!
びっくりしたの!
さくら、なにかあると
すぐびっくりしちゃう。
あのね、さくらが、びっくりしやすいんじゃないの。
ふしぎなことがいっぱいあるの!
なぞがなぞをよぶ
おおきなちきゅう。
お兄ちゃん、さくらを守ってね。
それでね、
なぜびっくりしたかって、
お兄ちゃんしってた?
ホワイトデー。
そんなことってあるのかな?
ふしぎ、ふしぎのおはなし。
さくらがお兄ちゃんから
おかしをもらえる日。
あ、おかしはいつももらってるけど、
さくらがもらっても、
もう!
お兄ちゃんは、あんまりさくらちゃんに
あげすぎたらだめ!
って、おこられないんだよ。
なぜかって、
それは、
さくらがバレンタインにチョコをあげたから
いいことをしたねっていう
ごほうびなの!
いいことをしたら、ほめてあげましょう。
よくできたね。
そらちゃんがおりこうで、さくらもうれしい!
にじこちゃんはたのしくて、いいとおもいます!
ゆうなおねえちゃん、かしこくてすごいね、
さくらはそんなけいさん、おもいつきませんでした!
みんなみんな、やさしい、いいこ。
うれしいわがや。
だから、バレンタインにお兄ちゃんがよろこんだら
ありがとうのおかえし。
きっともらえるって、おねえちゃんが言ってたよ。
さくらちゃん、がんばったね!
さくらはね、
がんばったっけ?
おやつのおいしいチョコを、
ぱくぱく
ぱくぱく
自分でたべてたよ。
あれ? さくら、おかえしのおかし──
もらえないの?
お兄ちゃんにもあげたけど、
自分もたくさんたべていた
くいしんぼうの
さくらはわるいこ?
ごめんなさい!
お兄ちゃんのことすきだけど、
おやつにチョコがあると、
あっ!
うれしい!
おいしいチョコレート、
お兄ちゃんといっしょにたべる!
おさらにならんだ
しろくろもよう。
しろいのはかわいいから、さくら!
くろいのはかっこいいから、お兄ちゃん!
でも、お兄ちゃんもおさらにわけてもらっているの。
お兄ちゃんってかわいいの?
さくらは、かっこよくないけど
チョコはくろくても甘いから、
かっこいいだけじゃなくてやさしい子。
お兄ちゃんみたい。
きっとお兄ちゃんだったら、
さくらにやさしくしてくれる。
でもたべすぎたらいけないよ、
さくらはまだちいさいから、
よくたべてよくねて、いっぱいあそぼうね。
さあ、
チョコおいしいよ!
って、
言ってくれるかなあ?
やさしい、お兄ちゃん。
それで、
さくらは、
たべてしまいました──
バレンタイン、
お兄ちゃんにあんまりチョコをあげられなくて
ど、
どうしよう。
ひとりだけおかしがもらえないと、さみしいよう──
それに、お兄ちゃんがさくらのことすきじゃなかったら
こわいこわい──
おなかがいたくなる。

お兄ちゃん!
さくらはいまからでも
お兄ちゃんをすきだって言うので
きらいにならないで!
お兄ちゃんのために、なんでもしてあげたい
ふくらむきもち。
さくらのとくいなおゆうぎ、
みてください。
きょう、ようちえんでほめられたばっかりの
とくいなおうた。
おねえちゃんたちも、
さくらのことすきになるって。
じまんのいっきょく!
こいするいっきょく。
さいた、
さいた、
さくらの
はなが。
ならんだ、
ならんだ、
うめのはな、
もものはな、
あじさいのはな。
どのはなみても、
きれいだ
なっ!
ね?
きあいをこめて
うたいました!
う──
うえええん!
お兄ちゃん、ごめんなさい。
じつは、
ほんとうは、
ちがってるの。
あじさいのはなは、
まださいていないの。
うたをきいたお兄ちゃんが
あじさいのはなをたのしみにして、
みにいって、
がっかりしたら
さくらのせいなの!
さくら、お兄ちゃんのたのしいおはなみ、
だいなしにしちゃう!
さくらは、なさけない子で
お兄ちゃんに、チョコもおうたも
しっかりあげられないの。
おかしはしょうがないけど、
ううん、おかしもさみしいけど、
でも、
どうか、さくらのことをすきじゃないなんて
そんなことは言わないでください。

さくらの偽日記

『しりとり』

しりとりしよう、
お兄ちゃん!

さくらからはじめるね。
えっと、
えっと、
お、お──
お兄ちゃん!
あっ!

さくら、しりとりよわいの。
すぐお兄ちゃんっていっちゃう。
さくらは、ん、がつくことばが
すきなのかも?

あのね、いつもこんなかんじ。

しりとりの、り!
りんご!
ごはん!
あっ!

ごりら!
らっぱ!
ぱん!
あっ!

ううん、
ほんとうはここまでよわくないけど。
でも、気がついたらまけてるの。
なんでだろ?
みんながつよいのかな?
しりとりにつよい子っていいなとおもいます。

それでね、
ほんでみたけど、
ラブライブのりんちゃんも
しりとりよわいんだって。
すぐ、
うどん! とか
ごはん! とか
いっちゃうんだって、
さくらといっしょ!
うふふ。
りんちゃん、かわいい。

りん♪
りん♪
りん♪

たのしいものは、
ラブライブ。

たのしいものは、
しりとり。

たのしいものは、
お兄ちゃんと
なかよしでいること!

お兄ちゃん♪
お兄ちゃん♪
お兄ちゃん♪

さくら、
パン! って言いそうになったら、
パン、じゃなくて、
パ、パ、
パンツ!
って、
ときどきセーフになることもあるよ!
お兄ちゃんが、
さくらのパンツをだいじにしてくれて、
しまってくれるもの。
お兄ちゃんとおうちのおてつだいをしたり、
いろいろ、
いっぱい、
お兄ちゃんとあそんでるでしょ?
そうすると、
さくら、つよくなるんだよ!

だから、
お兄ちゃんとたべるごはんも、
しりとりにつよくなるように
うどんより、うなぎ!
ごはんより、ごりら!
が、いいとおもいます。

でも、
うどんはおいしいよね?
ときどきなら、たべてもいい?
うなぎよりすきだもの。
しりとりつよくなれないかなあ。

それに、
ごりらは、
ごりらは──

こわい!
さくら、ごりらなんてたべたくないよ!

おねえちゃんたちに言わなくちゃ!
さくら、ごりらたべないって!
お兄ちゃん、
さくらがごりらをたべなくてもいいように
おねがいしてください!
もし、ごりらがでてきたら
お兄ちゃん、さくらのきらいなごりら
たべてくれる?

さくらはしりとりがよわい子です。
お兄ちゃん、さくらがまけそうになったら
こっそりそばにきて、たすけてね。

さくらの偽日記

『てんごく』

さくら、しってるの。

ひとがしんだら
いくところ、
てんごくか、じごく。

てんごくは、
いつもぽかぽかいいてんき、
おいしいものがたくさんあって、
うたって、
おどって、
にこにこ、ゆかい。
おもしろおかしい、たのしいところ。

じごくは、
わるいこがいくところ。
そこでは、
う、
うえーん!

おにがきて、
この、
わるいこめ!
って、
つねるんだって!

ちいさいこにそんなことして
いけないとおもう!

どうしておには
いけないことするの?

おにこわい!
さくらだって、
わるいことしようとおもって
してるんじゃないの!

でも、
しらないうちに、
ごはんこぼしてたり、
おもらししちゃったり、
ないちゃうんだもの!
うえーん!

わるいことしたくないのに
じごくにいくなんて
さくらかなしい──

そんなかなしいこと、
かんがえるだけで
さくら、
ないて、
ないて、
なきすぎて
しんじゃうかもしれない。

そうしたらじごくいき。
うわーん、しぬのこわいよう!

お兄ちゃん、
さくらがじごくにいったら
たすけにきて──

じごくのおはなしは、
えほんにもあったよ。
こわいもの、それは
じごく!
さくらはわるいこだからじごくいき?
ってきくと、

おねえちゃんたちは、
さくらちゃんはいいこだから
だいじょうぶ!

さくらちゃんは、
かぞくにあいされるいいこだから
きっとだいじょうぶ。
てんごくいけるよ!

ほんとう?
さくら、あんまりわるいことして
すてられちゃうかも──
いいこでいたいのに、
ふえーん!

てんごくは
おいしいものがあるところ。

おさらにやまもりのチョコレートが、
たくさんあるから
なかよくわけてね、って
でてくるの。

きのうも、きょうも。

さくら、
てんごくにきたの?

いつのまにかしんでたの!?

うわーん!
しぬのこわい!
でも、
ここはじごくじゃないし、
お兄ちゃんも、みんなもいるよ?
しんでもお兄ちゃんがいてくれるからいいのかなあ?

このチョコレートはね、
しさくひんっていうんだって。
どうして、しさくひんってたくさんあるの?
ちいさいこは、あんまりたべすぎるとおなかをこわすから
きをつけてね、って。
きをつけます!

お兄ちゃんと食べるチョコレート、
おいしい。
お兄ちゃんがいるおやつの時間、
とってもたのしい!

お兄ちゃん、あのね。
チョコレートって、食べてもうれしいけど、
あげてもうれしいんだって。
ほんとかな?
お兄ちゃんにあげたいから、こんなにチョコレートがあるの?
さくらもお兄ちゃんにあげる!
あーん──

おいしい?
もうひとつ、
あーん──

たのしい!

なんでなんで?
むねがどきどきするの。
しぬとむねがとまるんだって。
さくらいきてたんだ!
いきたままてんごくにきちゃった。

お兄ちゃん、
たべて!
ぜんぶ!
これぜんぶ!
もっとチョコレートをあげたくて、
さくらはどきどきしています。
たべてたべて!
やまもりあるよ!

てんごく、たのしいね?

あのね、
さくらしってるよ?

ほんとうは、
おひさまぽかぽかじゃなくて、
あめがふったときも
てんごくだったもの。

いっつも
こーんな
やまもりチョコレートはないけど
てんごくだったもの。

おうちのみんなと、
お兄ちゃんがいたら、
たのしくて、
おもしろい!
どうして、えほんにかいてないの?
お兄ちゃんがいればいいんですよ、って。
おいしいチョコレートを
あげたくなるって。

たのしいてんごく、おやつをどうぞ。
さくらもだいすき、ゆかいなところ。
お兄ちゃんに、
さくらのすきなもの
たくさんあげる。

はい、
あーん!

さくらの偽日記

『おにんぎょう』

さくらのおにんぎょうは
よいおにんぎょう。

お兄ちゃん、
さくらとおにんぎょうあそびしましょ!

たのしいよ?

いつもはお兄ちゃんになる
さくらのかわいいおとこのこ。
きょうは、
お兄ちゃんがいてくれるから
かわりに何になるのかな?
さくらになる?

おにいちゃん、
これがおにんぎょうのさくらです。
ほんもののさくらみたいに
かわいがってあげてください!

おにいちゃんのときは
かっこよくてやさしいおとなのおにんぎょう。
さくらのときは……
どうなるの?

さくらのいいところ、
なんだろう?
なんだろう──
う、うえええん!
さくら、いいところないよ!?

お兄ちゃん、
なさけないさくらのこと、きらい?
すぐにないちゃうし、
すぐにおもらししちゃうし、
すぐにお兄ちゃんにあまえて
こまらせるの──
お兄ちゃんにあそんでほしくて
お兄ちゃんとふたりでいたくて
ずっとお兄ちゃんとはなれたくないの。

ごはんも
おふろも
ようちえんも
いっしょがいいです。

お兄ちゃん、
さくらのおにんぎょうにいいところを見つけてあげてください!
そうしたら、さくらも
おにんぎょうからおしえてもらって
いいところがあるようにします。

さくらのいいところ、
これから見つかるの?

まりおねえちゃんより、
みづきおねえちゃんより、

やさしくてすてきな
はるかおねえちゃんより
ほたるおねえちゃんより

お兄ちゃんがたのしくあそぶ
おにんぎょうのさくらより
もっとかわいい、
お兄ちゃんだけのさくら。

お兄ちゃんがさくらのことをすきになって
ずっとあそんでいたくなる
すてきなさくらって、
どんなさくら?

あのね、
さくらはお兄ちゃんにすきになってもらいたいから
さくらのだいじなひみつ、
お兄ちゃんにだけおしえてあげます。
さくらのとってもたのしい
うれしくなるひみつ。
だれにもいわないでね!

ほんとはね、
お兄ちゃんのおにんぎょうは、
さくらとなかよしで、
こいびとなの。
そういうことにしてあそんでいると、
さくらはうれしくなって、
むねがどきどきしてきて
とってもしあわせ。

お兄ちゃんとさくらがこいびとになるって
とってもいいことだからだとおもう!

だから、お兄ちゃんも
さくらのことをこいびとにしたら
きっと、
とっても、
びっくりするほど、
こんなことしらなかったっていうくらい
うれしいとおもいます。

お兄ちゃんとふたりだけの
さくらのひみつ。
どうだった?
お兄ちゃん、さくらのことすきになった?
おとなでりっぱなおねえちゃんたちより、
さくらのことがすきになる?

お兄ちゃんが
さくらのこと、
すごーくすきになってくれたら
いいのにな。

お兄ちゃん、さくらともっとたくさんあそんでね!

さくらの偽日記

『ゆうき』

びぇぇぇぇぇん!

うっ
うっ
うわっ
うわああああああん!

おにいちゃん!

さくらのことをほめてください!

わぁぁぁん!

さくら、
こわがりで、
なきむしで、
あまえんぼうで、
へたれだから、

せつぶんにそなえて、
ヒカルおねえちゃんと、
つららおねえちゃんと、
あと、あと、
みんながね、
さくらちゃんをつよくしよう!
おにとたたかえるさくらに
きたえあげよう!

って、
はりきってくれていたんだけど──

おにいちゃんのいもうとなんだから
さくらちゃんだって、
きっときっと、
ゆうき、
だせるよ、
って、きょうりょくしてくれたんだけど、
だったら、
さくら、
おにいちゃんのいもうとじゃないかもしれない、
こわくて、こわくて、
おにさんがきたら
ないちゃうにきまってるもの!

うわああん!
おにいちゃんのいもうとじゃないなんて
いやだよう!
そんなことがあるかも、
とおもうだけで
なきたくなるよう!

せつぶんは
つぎのにちようび。
ようちえんのおやすみのひ。

だから、
こんしゅうのうちにようちえんで
せつぶんをするの。
いつはじまるかわからないから、
きょうかえったらさくらの
とっくんをはじめようって
そうだんしていたら、

ようちえんのせつぶんが、
ようちえんのせつぶんが、
せつぶんが、
あ、
あの、
きょう、
だったの!

うわあああん!

そんなの
ないよ!

せんせいたちが
おまめをくばりはじめたとき、
あっ、
これは、
きた、
せつぶんだ!

おにだ!

さくらはもう、
なきたくて、
にげだしたくて、
かくれたくて、
おうちにとんでかえりたくて、

だけど、

かぞくのみんなが
さくらのこと、おうえんしてくれていたもの。

さくらはおにいちゃんのいもうとだって
みんないってくれたもの!

がんばらなきゃ、
がんばらなきゃ、
おにいちゃんも、おねえちゃんも、さくらががんばれるってしんじてるもの!
ふだんは、がんばらなくちゃいけないときはいつも
へなへなになるのに、
きょうはね、
むねがどきどきしてふきとびそうなのに、
かおがあつくて
めがうるうるで
しにそうなのに、
さくら、
ふしぎと、
ゆうきだせたんだよ!

しぬかもっておもいながら、おまめなげたんだから!

おにはそと!
おにはそと!
ふくはうち!
おにはそと!

おおごえで、
いっしょうけんめい、
おにがおいかけてきてもにげないで、
つかまってもにげないで、
おまめをね、
おまめをなげたの!

おにいちゃんたちが、
さくらががんばってほしいって
おもってるんだ、
だからさくら、

おにを、
やっつけたんだから!

さくら、がんばったよ!
うっ
うっ
こわかったよ、
こわかったけど、
がんばったの!
おにいちゃん!

ゆうきだしたよ!

さくらのなかに
ゆうきがあるって
ほんとうだったよ!

さくら、
おにいちゃんのいもうとだったよ!

うわぁぁぁん!
びぇぇぇん!
ぶぅぅぅ!
ぎゃぁぁぁ!
うぎゃああああん!

おにいちゃん、
ありがとう、
さくらがおにを
たいじできたのは
おにいちゃんと
おねえちゃんたちのおかげでした!

さくらはちゃんと、
せつぶんのおにたいじができました。

これでさくら、
もう、
らいねんのせつぶんしなくても、
いいかなあ?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。