アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  立夏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立夏の偽日記

『セクシーファントム』

セクシーになって
まだ間がない
リッカです。

中学生になってから
はじめての夏休み。
ハードな試験勉強を乗り越えて
灼熱のスクールライフを経て
待ちきれない楽しみな予感を胸に
やっと迎えた、大人の時間。
イエイ! やったね!
ついに来たね!
リカやっぱ中学生だから
次から次へと体験しちゃうのは
恋の暴走特急かなあ。
なにがあるのかなーと過ごしているけれど、
今のところ、
変わったことは何もなし!
なしといえば、おいしいフルーツ。
フレッシュ!
でも、リカの夏は現在、
新鮮さのかけら、ゼロ!
変わりばえもなく、いつも通り!
あれー?
どうして?
今年もまた、
あーちゃんと遊んで、
青空ちゃんと跳ねまわって、
チビたちを引き連れて家を野獣のように駆けたら
気がついたら、足元からは長ーい影。
西に傾く茜色。
小学生のときと同じだ!
うわーん!
今日も甘いイベントの一つもなく
オニーチャンが遠慮したまま終わっちゃったネ。
もーっ、
リッカちゃんはいつでもいいのに
何してるの?

でも、わかる、
わかるなあ。
ちょっと臆病なその気持ち。
なにしろ、あついよ
あついあつい。
いくら燃えるハートの季節だからって
体がくたびれちゃったら
まずアイス。
さらに水分補給。
塩分、ミネラル。
ぐったりしぼんだお肉の隅々まで
あげなくちゃ。
あとは、水撒きのホースから自分で浴びたら
少しは元気になれたかな。
そんなとき、もう裸にはなれない年頃。
見せるのは、心に決めた人だけだもん。
こんなに暑さでムシムシだと
平気で頭から水を浴びる
夕凪ちゃんたちがうらやましい。
乙女の誓いも放り捨てて
子供に戻ってみたい、
そんな気持ちにもなる、
あつい夏!
リカ、
この夏の恋の予感に失格だ。
涼しさ優先にしたくなるんだもん、
純情まるごと放り出して、
色気がないタイプの、生まれたままの姿に
なりかねない。
こんな暑さじゃ、ちょっとばかり恋も億劫になるヨ。
昼寝をしても、
昼寝をしても、
まだ暑い。
じっとり汗ばむ肌は、
そのままとけてしまいそう。
夏に生まれたリッカでも、こいつはきつい。
いや、夏生まれじゃないけどさ。
適当言ったけどさ。
でも気分的にはそうじゃない?
リッカの季節なのに!
暑さに負けていられないのに!
でも、じっとり空気にまるのみされちゃって、
はあ、
昼も夜も、
おやすみ!
暑さをやり過ごすのが精一杯。
寝ているだけでぐったり。
リカが暑さでとけてしまったら
さっそく今年のお盆に戻ってくるネ。
だってひとときもオニーチャンと離れていたくないもん!
死なないほうがいいか。
そこで思いついた解決策。
リカもう大人なんだからさ、
このくらい思いつかなくっちゃ。
中学生だよ。
勉学の徒だよ。
図書館に行けばいいんだよ!
涼しいところでゆっくり昼寝して、
パワーを充電したら
夜は二人だけのもの!
遊んで過ごそう。
トランプとか、いろいろして。
夏休みの、長い夜。
暑い時間を乗り越えて、セクシーに過ごす工夫。
もうわかってしまったのだ。
暑いときは涼しいところに隠れて、
朝も夜も一緒にいようね。
チャオ!

立夏の偽日記

『行き先』

ああっ!
休日が
もう終わりダ!

せつない笑点。

せつないサザエさん。

明日からは学校だよ。
いざ、
女の子らしく磨き上げる
自慢の生足
サラサラヘアー
明るい笑顔
元気なハート
などなど、もろもろを見せびらかして
通わなきゃ。

朝のニュースの占いは
どんなかな?
悪かったら、
運がいい子の近くにいなくちゃ。
20人もいれば、ひとりくらいは超ラッキー。
オニーチャンの運が良かったらいいな。
楽しみな一週間の
はじまりだ。

この休日、
元気チャージできた?
まだなら、今夜はヨフカシで
リカともうちょっと充電してくといいヨ。
元気の源は
チョコレート。
好きな人の話。
入浴剤で、バブルバス。
ホラー映画。
どれからはじめる?

もちろん、
ゴールデンウィークに向けて
旅行の予定も気分が盛り上がる。
温泉もいい、
混浴もいい、
家族風呂もいい。
他にもあるよ。
肌の露出がそこまで激しくない行き先。
たとえば。

最近、
暗黒物質とやらが見つかった
可能性があるとか?
まだるっこしい話。
よく知らないけど──
とにかく今、宇宙がアツイ!

だから、旅行先は宇宙にしよう!
というのは冗談で。

霙おねーちゃんの提案で
プラネタリウムが有力候補だよ。
知性的だし、
ロマンティックだし、
流行っぽいし。
おまけに、こどもの日のイベントも
開催されるところがあったりして。
暗黒物質のおかげで
女の子の関心は集中。
流行に弱いんだよね!

暗がりだし。
手を握る?
もっとする?
プラネタリウムに行くのが待てなかったら
映画館でする?

だけど、
リカはせっかくの長期休暇。
思いっきりはしゃいで楽しみたい。
走り回って跳ね回って、
疲れて帰ってきて寝ても、
まだ休みが残ってる。
なんてゼイタク。
やったー!
なんてのも、いいよね。
まさに連休を満喫。
こういうときにこそ、張り切りたい。
アドレナリンを放出したい。
だから、リカの提案は
子供も大人も一緒に体を動かして遊べる
筋肉もりもりの、夢の国。
アスレチックパーク。
広い草原で、グラススキーをしよう!
さわやかな春の風とひとつになれる、
この季節はやっぱり野外でなきゃ。
こどもの日のイベントもあるよ。
あと候補は、お花のテーマパークって案も出てる。
こどもの日のイベントも、やっぱりある。
どこにでもあるね!
こども多いもんね。
うちにもまだ、たくさん来ていいよね。
こども。
みたいなことを言ったら、氷柱ちゃんはいつも
自分がこどもみたいでなにをって笑うけど
リカはもうベイビーじゃないよ。
あ、オニーチャンがベイビーになりたいなら
いつでもいいよ。
こどもの日も近いし、
童心に返ってもいいと思うな。
せっかくだから、リカも子供に戻ろうかな。
大きくなったら、
オニーチャンと結婚する!
って、よくあるみたい。
リカ、まだ子供だった。
結婚するまで子供だ。
いつにする?
プロポーズの言葉は、どちらからにする?

気分が盛り上がったところで、
明日からの一週間も張り切っていこうネ。
進級してからの特別な日々が過ぎ、
小さい子たちがうらやましがる
大人の学園生活。
日常の一部分になろうとしています。
あと足りない部分は、
カレシ、
デート。
学園生活を見きわめて
デートスポットを探そうよ。
隠れてキスできるところはどこだ?
楽しもうよ、
一緒に通う学園ライフ。
寝過ごさないでね、
おやすみ!
リカが寝過ごしたら、キスで起こしてね。

立夏の偽日記

『キラキラソワソワ』

春になると、
なんだかむやみに
心が弾む。
まぶしくって、明るくって
太陽も、リカが外に出てくるのを待ってる。
うきうきの季節。
そりゃあ、落ち着かなくもなるよネ。

このままだと、どうなってしまうのか!
少し前、急にあったかくなってきたかと思ったら
春を実感するまもなく、ぎらぎらの日差しに
ああ、
光を浴びる時間!
って、決めちゃった。
心も体も、肌を出す方向でスタンバイ。
今週くらいから寒い日が続いても
急に切り替わらないヨ!
恋の季節に向けて
ハートのエレベーターは上昇中、
一直線に、恋する人へ
つかまりに行くヨ。
もしくは、つかまえに。
生涯たったひとりの
ステディにお願い。
リカのおしりにポッと灯った
ピンクの火を止めて!
やっぱり止めないで!
いつまでも、こんな調子。
誰にもどうにもならない気持ちだもん。
春になっちゃったんだから、しょうがない。
自然が要求するままに任せよう!
オニーチャンは、
リカがこんなだと困る?
オニーチャンに怒られたら困っちゃう。
だって、リカにも抑えられないこの気持ち。
対抗する手段は
どこにもない。
全面降伏しちゃおうよ、
恋の天使に。
もう、
春のせいにして!
春のせいって言うと、T.M.Revolutionみたいだ?
あれは冬だけど。
夏には、夏のせいにして。
冬には、冬のせいにして。
それでも言い訳が足りないなら、
リカのせいにしていいからね。
試してネ。
春の奇跡。
だから、
ホタおねーちゃんも、
この春先に来て冒険した衣装を着て
風邪くらい引くし、
熱があっても落ち着いていられなくて
様子を見ようと出てくるよネ!
オニーチャンも見た?
廊下をこっそりうろうろしている、ピヨピヨパジャマ。
あと、この前着ていた冒険ルック。
春のせいだ!
この風邪は!
治らないのだって、そわそわさせる春がいけないんだけど
だからと言って治さないわけにはいかないと
氷柱ちゃんが引っ張って行っちゃった。
ベッドでタイクツしないように
家族みんなで本を差し入れしたから
もう一日くらいなら大人しくしてくれるかな?
麗ちゃんの本は、寝つきに良さそうだし。
って言ってるのがバレたら、怒られる?
ナイショにしてね。
わあ、またオニーチャンとの間に秘密が増えちゃった。
全部、墓まで持っていかなくちゃ。
そして、二人は死んだあとも同じ墓に入ることを
誓い合ったとさ。
天国に行くとしてもラブラブ、
うらめしや~って化けて出るときもラブラブだね。
何もうらめしくないね。
大往生だね。
まあ、結婚は残念ながら少し早いか。
リカも女の子としてはまだピヨピヨだもんね。
ピヨピヨ。
冒険のミニスカート、
ホタおねーちゃんがよくなったらリカもリクエストしてみようっと。
でも、くもりの日が続くと風邪を引いたらいけないか。
リカは熱を出しても
絶対、大人しく寝ていられないし。
よく休んでいられるなあ、この上機嫌な陽気に、って。
いくら体を治すためとはいえ。
そんなの無理ってことくらい、わかるよね!
ガマンがきかない、
まだまだお子様なのかな?
ねーオニーチャン、
リカは今の時点で、どのくらいちゃんと女の子?
エネルギー充填は何パーセント?
海晴おねーちゃんを100パーセントとして
今どのくらい?
というか、海晴おねーちゃんが100でいいのかな?
霙おねーちゃんも方向は違うけどしっかりしてるし、
春風おねーちゃんも、ヒカルおねーちゃんも、
100?
120?
ホタおねーちゃんは、100まであとどのくらい?
風邪のときにちゃんと寝ていられるようになったら大人?
もう、いいところいっぱいあるもんね。
そしたら、またリカのライバルが増える?
リカがまだ追いつけないうちに
距離を突き放すなんて、ずるいよ。
オニーチャンは、リカをおいていかないで
待っていてね。
すぐに100パーセントになりマス。
本当だよ?
絶対、適当なんかじゃないよ。

家族の春休みの予定だけど、
ホタおねーちゃんは、すぐには無理できないし
お花見は、行けたらいいねっていうくらいで
どこか別のお出かけに変わるかもしれないって。
春休みに入ったとたん、天気は微妙で
おまけに当然、行楽地は大混雑。
リビングの海晴おねーちゃんは、真剣になって天気図と相談して
その横で麗ちゃんは、難しい顔で時刻表を検討して
そのまた横で吹雪ちゃんは、特に関係なくまじめに図鑑を読んでるヨ。
あんなふうに同じ顔をして並んでいるのを見ていると
やっぱり家族なんだなって思うよネ。
ついつい、つられて。
リカも本気で見つめていたくなる
好きなもの。
だからオニーチャンはすぐ横にいてね。
いけないかな?
勝手にリカだけの一番にするのは。

立夏の偽日記

『まっぱ』

オニーチャン──
今日さあ、
やけに暑くなかった?

暑かったって言って!
言って、言って!
リカのことスキだって言って!

あ、やっぱり?
やっぱり、リカのことそんなにスキだったんだ?
じゃなくて、暑いってことね。
急にどえらい陽気になったネ!
お空の上で何があったんだろう?
やっぱり天使たちも、リカのヘソ出しが早く見てみたい?
冬の間、相当オシャレしたし。
生足が出てたって、寒くない!
気合入れて、女の子してたもんね。
なんか、認められちゃった?
立夏よ。
今度は、薄着になりなさい。
みたいに、期待されてるんジャナイ?
神様がそう言うならしょうがないな!
でも、実は全然そんなことなくて、また寒くなったら
どうしよう?
ちょっと前まであんなに、ほら、
生足が出てたって、気合でカバー。
寒くないは言いすぎだったネ。
まだまだ春は先だから、って思ってたから
えっと、その。

急にあっつくなっても、まだ服出してないんだよね。
そろそろ春の服の準備を、って
おねーちゃんたちにせっつかれていながら、
やったことと言えば、
自分のタンスをひっくり返して
過激なパンツを見つけて小雨ちゃんに勧めることばかり。
姉妹なんだから、もっと下着も共有しようよって。
やっぱりマズいか。
オニーチャンは、どうせスカートがヒラヒラ揺れるなら
チラチラする中身はセクシーなほうが嬉しい?
リカはね、ワオって言わせたいから
セクシーも時にはいいよね、みたいな感じだけど、
それならパンツは姉妹それぞれが自分で選ぶほうが
ふいに見えたときに予想つかなくてドキドキするかなって考えるの。
だから使いまわしはしなくていいかなあ。
服は選んであげたいのに、パンツは違う。不思議だね?
小雨ちゃんも、一つ二つ気にいったのを持って行っただけだから
チラッと見えたときにこれは立夏と同じだって心配はあんまりないね!
ていうか、オニーチャンはリカのパンツだけ見てね。
それがいちばん、って思えるようにがんばるから!
まあ、先にがんばるのはタンスの片付けだね。
春服コーディネートをお披露目できるのは、いつのことになるやら。
できれば、春が終わる前に部屋が片付いて欲しいなあ。

そんなわけで、
急に暑くなってもまだ薄着の季節じゃないし。
この気温には、
これはそろそろ、おやつとかデザートにアイスも合うんじゃない?
昼間の汗ばむあの熱気!
リカにアイスを作れと要求しているよう。
大丈夫、もう失敗は繰り返さないって。
作ったアイスが多すぎたら、ちゃんと吹雪ちゃんも呼んで分けるし!
だから今度は心置きなくいっぱい作れるじゃない?
それから、最近の体重の増減は──
夕凪ちゃんが体重計にいたずらしたりしなかったりしてるだけだってば。
おなかのお肉なんて、冬を越す助けになったと思えば許容範囲だヨ。
それに、ちょっとくらい危機感があるくらいがいいと思うんだよね。
もうすぐ春休みが来るから、毎日のんびり過ごせるかもって気分で待ち受けてるけど、
短い休みだし、ゴロゴロしてたらすぐ終わっちゃうよね?
ぼやぼやしてると肉もやばいよ! って自覚していたら、
毎日運動の名目で遊んで、オニーチャンを連れてはしゃぎまわって、
充実した春休みを過ごせるんじゃないかな?
今年の立夏は、そんなふうに計画的なんだヨ。

だから、アイスを、ね?
あんまり暑くて困っている子もリカだけじゃなくてたくさんいるし。
青空ちゃんなんて、暑いからって脱ぎだしちゃう。
汗をかきながら自分の服を引っ張って、
おぎょうぎ悪いのが分かってるから、まず確認に来るの。

まっぱになっていい?
まっぱになっていい?
まっぱっぱ!

そうだよね、みんな暑いよねって
リカも脱いでいいカナって気分にもなるんだもん。
あの時にオニーチャンがいたら、大変だったよ。
思いっきり脱がされてたよ。
リカの手で。
暑いんだし、ブレイコウだってば!
よいではないか!
よいではないか!
青空ちゃんに変な言葉教えたってあとで怒られちゃうから、
よいではないかはふたりっきりのときにね。

まだ3月はこれから。
今の時期、暖かいように思っても
日が落ちてびゅうびゅう吹く風が冷たく感じたりするよね。
そんな季節にアイスは勇気が必要に見えるけど、
寒いときには、リカがくっついて暖めてあげるから
ねえ、いいでしょ?
今年もそろそろ、アイスデビューしようよ!
寒くなったら体を寄せて、
ほっぺたをぴったり合わせて。
ドキドキほかほか暖かくなったら、今度は手だけ合わせて。
見つめ合っても照れないくらいの距離でいようよ。
憧れのオニーチャンの顔を、心臓バクバク向き合える距離は
どのくらい?
もしリカが勇気を出して、恥ずかしさなんて吹っ飛ばせたら、
ゼロ距離だ?
そしたら、今度はさっきアイスを食べた時より短い距離で
食べさせ合って、
甘い時間を過ごした後は
抱き合ったらいいんじゃない?

立夏の偽日記

『ハッピー』

最近どう?
オニーチャン、
ハッピーにしてる?

リカはいつだってハッピーだから、
オニーチャンにおすそわけしたくなっちゃう。

はい、こっちこっち。
何をされちゃうと思う?

まずは、幸せになれるか手相占いから、かな?
はい、手を貸してちょうだい。
うーん、おっきい手だ。
手のひらも指もつめもビッグサイズ。
あら、あったかい。
手が冷たい人は心が暖かいっていうの、
オニーチャンには当てはまらないんだねえ。
こんなに優しいのに。
リカのその場のノリにも、ちゃーんと付き合ってくれるし。
じゃ、せっかく期待してもらってるんだから
ノリじゃなくて少しまじめに答えましょう!
ここにある、長くて太い線。
どっしり堂々、途中で切れたりしていないやつ。
これが幸せになる線。
だって、オニーチャンはリカといられて
すごくハッピーじゃん。
幸せになる線が一番太いに決まってるよ。
実はよくわからないけど、絶対そうだって。
まあ見れば分かるカナ、と思って手にとってみたけど、
自然に触れ合う肌と肌──
手を握っちゃってリカはドキドキ、
どうしよう、これってステディ?
一歩一歩、
大人の階段のぼってる!
次はオニーチャン、いったい何されちゃうだろうね?

はい次。
幸せになる心理テストするネ。
目を閉じて。
大丈夫、チューなんてしないから。
あ、して欲しかったら言ってネ。
はい目を閉じて。
今から言うことを想像してください。
いいですか?
あなたの目の前に、一匹の動物がいます。
それはどんな動物で、どのくらいの大きさ?
あなたの前で何をしようとしているでしょう?
どう?
浮かんできた?
この質問は──
オニーチャンがいったい
リカのことをどう思っているかが分かります。
そのまんまのテストだね!
知らないでテキトー言ってるだけだもんね。
もしもオニーチャンが、
襲い掛かってくる凶暴なライオンの姿を想像したら
それが正解です!
そういうテストじゃないか。

最後のテストね。
さあさあ、目を閉じて。
疑ってなんかいないで、
ここまで来たら最後まで付き合うのが男ってもんでしょ!
さあ想像してみてください。
今、あなたの目の前には
かわいい妹の立夏ちゃんがいます。
あなたは立夏ちゃんと一緒に生活して、
ごはんもおやつも同じ空間を過ごし、
おはようもおやすみも毎日欠かさず、
おかしいときには同じように笑い、
困ったときには同じように悩み、
病めるときも健やかなるときも
死が二人を分かつまで
決して離れることのない
強い愛で結ばれています。
そして、二人のまわりには優しい家族たちがいて、
みんなで愛し合い、
お互いを思い、
ずっと一緒にいたいと願って、
仲良く、
いつでも幸せに暮らしています。
つらいことがあっても、
どんなトラブルがあっても、
何気ない一日も、
当たり前の日常も、
いつでも頼ってもらえるように手を伸ばして
みんなで助け合い、
大好きな人をいつも思いながら毎日を過ごして、
その人がそばにいる幸せを感じ、
顔を合わせて、言葉を交わし、
こんな日々がひとときも途切れることなく続くようにと願っています。

さて、そんなふうに
一緒に楽しく過ごしているリカのことを
あなたはどんなふうに思っているのでしょうか?
リカはね、
オニーチャンといられて
すっごい楽しくて
めっちゃハイテンションで、
ちょー嬉しくて、
なんていうか、
スキ、
スキだよ、
一緒にいてね!
って、いう答えが出ました。
リカが質問してたのに変だね?
だって自分で言いながら想像してたんだもん。
いっつもこんなふうに過ごしてるね、ってこと。
リカ、幸せだよ。
これからもずーっとずーっと、
二人でハッピーでいようね。
家族みんなで幸せになろうね。
オニーチャンに何かあったらリカがすぐすっ飛んで行くし、
リカがしょんぼりしてたらどうしたのって聞いてね。

リカがハッピーなのは、
オニーチャンがいるからなの。
オニーチャンがハッピーだとしたら、
それはたぶん、
リカがいつも幸せをあげたいからなんだよ。

今度はちゃんとした幸せ占いができるように、
フォーチュンクッキー作っておくね。
中身が全部大吉のやつ。
中に書いてある運勢はそれぞれ違っていて、
これを食べたら、立夏ちゃんがハグしてくれそう。
こっちを食べたら、立夏ちゃんがチューしてくれるかも。
こっちは、立夏ちゃんの大事なものをもらえます。
おやつを分けてもらえる?
手作りのお料理かな?
それとも、もっといいものかな?
でね、全部のおみくじに書いてある
これから必ず起こる確かなことは、
あなたは立夏ちゃんに
いつまでも愛されて、
これからずっと付きまとわれるでしょう。
覚悟してね!
チャオ!

立夏の偽日記

『ビタースイート』

ハーイ、
リカだヨ。

バレンタインのために生まれたイキモノ、
リカだヨ!

もうすぐだねぇ。
準備に忙しくて、オニーチャンを寂しくさせてたらごめんね?
リカに言ってくれれば、いつでもフライングバレンタインはじめるからね。
みんなに知られたら怒られるからナイショでね?

おうちでも、
あんまり参加する気のない氷柱ちゃんとか麗ちゃんとかいるけど、
我慢することないのにねぇ。
どうしてもこの時期、
気分盛り上がるじゃん!

バレンタインにはゼッタイ、
恋の神様が祝福してくれるし、
恋の妖精が花びらのラッパを吹き鳴らしているし、
恋のターザンがワーオワーオとハートのジャングルで吠えているし、
恋の魔法使い、恋のサンタクロース、恋の狼男、恋の王子様とお姫様、
総出で不思議な力を世界中に振りまいてくれて
いくらでも奇跡が起こる日だよ。
この日を逃す手はないヨ!
どんな恋だって必ず叶う!
叶わないこともあるかもしれないけど、
だからといって黙って大人しくしていられないよね。

小雨ちゃんがうまくチョコを作れないって困ってるけど
気にすることないのにね!
どんなチョコでも心をこめて作れば
きっと伝わるよ。
オニーチャンが、愛情たっぷりのチョコに囲まれて
おいしい、
おいしい、
おいしいなあ!
って喜んでいる顔が、
今からもう、目の前に浮かぶよう。
たとえ、
温めすぎてボロボロになったチョコでも、
白い斑点がところどころにあるチョコでも、
つやが消えた膜のできているチョコでも、
なぜか固まらないチョコでも、
喜んでくれるに違いないんだから!

小雨ちゃんと二人、
チョコレート作りで可能な失敗を
この一日で残らず経験したと、
蛍おねーちゃんに太鼓判を押してもらったし、
あとは上手になる一方なんだってば。
ホント、ホント。
ただひとつの心配は、
バレンタイン当日までにちゃんとしたものが作れるほど
上達するかどうかっていう
その一点だけなんだから。
もうここまで来れば、あと一息だってば。

せっかく作るんだもんね、
一年に一度だけのバレンタインだもん。
恋の日、
甘い愛の日、
チョコレートスイートの日。
いいものを贈りたいじゃん。
がんばるからネ。

オニーチャンて、
リカのこと、
いまどう思ってる?
どのくらい好き?
バレンタインで、もっと好きになって欲しいんだあ。

リカさあ、
ダイスキ、
ダイスキ、
胸の中に抑えきれない思い、
しまっておけなくて
いっつもフルパワーでぶつけちゃって、
オニーチャンも大変かなあ、
って思っても、
なかなか止められないでしょ?
あ、止めるつもりだっていう話じゃなくて。
止められないから、それは仕方ないんだけど。

でもね、
好きな気持ちって、
言葉にしただけ伝わるとか、
抱きついて気持ちをぶつけた分が全部伝わるとか、
なかなかなくて──
だって、もしそうだったら、
今頃リカとオニーチャンは、
朝から夜まで
ちゅっちゅ
ちゅっちゅ
離れないじゃん?
ねえ?

なんで、そうなってないんだろ。
まだリカ、
オニーチャンに伝えたくて
伝えきれてない気持ちが
たくさんあるんだと思うんだ。
だからね、
今度のチョコレートのチャレンジで
まだ子供だったリカが伝えきれてないぶん、
なんとかして伝えられるかなって、
そう思ってるの。

リカ、
もうこんなに立派なチョコレートが作れるくらい
大人なんだ!
って見せてあげたら、
オニーチャンときめくかな?

小雨ちゃんとふたり、
失敗のたびに泣きそうになりながら
ビターな気分になったりもするけど、
オニーチャンがここにいるだけでリカに元気をくれるから、
もうちょっと、
おねーちゃんたちのドクターストップがかかるまで
挑戦しようと思いマス。
ぜったい成功するんだから。
あきらめないヨ!
楽しみに待っててネ、オニーチャン。

ニキビができても、
妙に太っても、
オニーチャンは愛してくれるって
リカ信じてる!

立夏の偽日記

『ハナキン』

オニーチャンは
毎日ハッピーに過ごしてる?

リカが知ってる
しあわせになる方法。
それはたったふたつ。

女の子に生まれることと、
女の子を幸せにしてあげることだよ!

だって、
女の子ってカワイイし、
キラキラしてるし、
あ、見た目だけじゃなくてハートがね?
あとは、楽しいことたくさん集めたがってるし、
毎日一生懸命で、タイクツが嫌いだし、
好きなものたくさんあるし
幸せにしてあげたくなっちゃうし。

だからオニーチャンも
いっぱいリカのこと幸せにしたらいいと思うヨ!

リカは簡単で
安上がりな女だから
幸せにするくらい、
すぐできる!

好きだ!
愛してる!
結婚しよう!
立夏がほしい!

って、
正直になって、遠慮なく言うといいんじゃないかな。
リカを誰よりも簡単に幸せにできる人、
オニーチャン。
誰よりも、いちばん大きな幸せをくれる人。
なんでオニーチャンにしかできないんだろう?
ジョン・レノンがどんなにがんばったって、オニーチャンにはかなわない。
こんな幸せ、リカの生まれて初めて。
どうしてオニーチャンといるとこんなに幸せになるの?
ギューッ。

だから、
オニーチャンはリカのために、
リカをいっぱい幸せにしてくれたら
きっとオニーチャンも嬉しくなるよ?

リカは小さいときから、かわいいものが好きで
気がついたら自分まで
こんなにかわいくなりました。
オニーチャン、リカ誰よりかわいい?
リカといると幸せ?
一緒にいると幸せになるのはネ、
オニーチャンがリカのことを
いっぱい幸せにしてくれるからなんだよ!

リカは子供のころからかわいかったし、
今でもかわいいものが大好き。
あーちゃんがどんどん大きくなるより
リカがかわいくなるペースのほうが速いんだよ!
だからリカから目を離さないで、
見逃さないように、すぐ近くで見つめていてね。

ずーっと昔から、
オニーチャンに会う前から
いつか会えると思っていた、
リカが大好きになれる人は
想像していたより、ずっと素敵な人だったんだよ。

好きな人ができたら
こんなふうに言おうって
小さいころから、ひとりで続けてきた
告白レッスンは、
あんまり役に立ちませんでした。
おかしいよね、
リカが集めてきた楽しさは
たくさんリカを楽しくしてくれるし、
かわいいものが好きだったら、自分もかわいくなっていくのに
好きな人に言おうと決めていた言葉だけは
どんなに練習しても、本番でうまくいかないの。

本当は、
ひと目見たときからあなたのことが好きでした、
つきあってください、
って、シンプルでストレート、
どんな時でも通じるはずの告白を練習してきたのに、

実際に現れた大好きな人には、
用意してきた言葉はいつも喉に詰まって、
胸でモヤモヤして苦しくて、
あっ、
リカが本当に伝えたい気持ちはそうじゃないんだって気がついたら、
あとはもう、好きーって抱きついて、
自然に言葉が出てくるの。
リカ、いつでもオニーチャンが好きだよ!
これからもいっしょにいようね!
リカを幸せにしてね!
って、素直な気持ち。
リカ、他の言葉なんて何にも知らないよ。
自分の本心しか、好きな人の前では口に出せないの。
女の子って、ヘンだよねー。
オニーチャンはそんな女の子ってやつと一緒にいて、幸せ?

それから、
あとねー、
なんだっけ。
オニーチャンに何を言おうとしてたのか忘れてたけど、
確か、そうだ!
金曜日が過ぎたね。
一週間、学校楽しかったね。
でもリカはオニーチャンと学校で会えなくて、少し寂しかったよ。
アクティブなリカだけど、
オニーチャンとずっと一緒にいていい自分の家が
自分で思っていた以上に好きみたいです。
これから土曜日。
その次は、待望の日曜日。
一週間のどんな時よりも仲良くできたらいいな!
実は、オニーチャンと出かけるのも好きだよ。
まだ予定は何にもないけど、
一緒に過ごして楽しいお休みにしようね。
リカを幸せにできるオニーチャン。

立夏の偽日記

『ハーディ・ガーディ』
(立夏)

鉦と太鼓で
女房を探せ!

リカがまだちっちゃくて
コロコロプクプク走り回っていたときからいつも、
クラスのみんなで合奏のイベントがあると
「立夏ちゃんは元気だから太鼓ね!」
「器用な楽器は似合わないよね!」
「間違っても歌や笛には手を出さないでね!」
なーんて、
オカシイなー? と思いながらも
リカ、おだてられるとヒャッホーってはりきっちゃうし
太鼓のネイティブなリズムがリカを夢中にさせる、
リカの眠れる大自然を揺さぶる──

オニーチャン!
女房は太鼓を叩いて探すってことわざ、
リカだって知ってるの!
教科を問わず、テストの点は意外な問題で稼ぐことに
定評のある立夏、
国語の点はまあまあ、ふつう!

よかったねぇーオニーチャン。立夏がいて。
立夏が太鼓でどこまでも付き合えば、
雪がしんしん、寒さに耐えて繋いだ手を離せない北でも
太陽サンサン、水着も放り出す南でも
東へ東へ、大西洋の暖かな風と潮を渡って──
また西へ、神秘と魔法のアラビアの王国へ──
どこまでもオニーチャンにしつこくついていくリカが、
素敵な人はいませんかー?
愛に溢れたかわいい人はいませんかー?
太鼓の音で出てきませんかー?
こんなに兄思いの妹がいる素敵な家族、
あなたも参加してみませんか?
あっ! もしかして──
青い鳥は最初から家にいたんだ!
って気がつくまで、
昼も夜も、嵐の日でも熱波の日でも
おしどりみたいにぴったりくっついて離れないんだから!
太鼓が大好きな子が家族にいてこんなに嬉しいことはないね、オニーチャン!
そのときが来るまで、リカも腕を磨いておかなくっちゃ。

昨日誰かが見ていた映画のDVD、
リカはほとんど寝ていて良く見てないけど、
あの歌に合わせて今日はリズムを取りたーい。
よかったなー、あの華やかなダンス!
シャンデリアの下でカードがきらめいて飛び交い、
絹とビロードのレディたちは音楽の中を泳いで、
ああ、インディアンの襲撃に揺れる町の運命は、
ホッホーイ!
オニーチャン、あのインディアン最後はどうなった?
愛する人と手に手をとって、夕日のほうへ馬を走らせる、
リカそんな夢を見たような気がするからそういうことにしようかな。

よく覚えてなくても、
めちゃくちゃでも、
楽しけりゃいいじゃない、
家族なんだもの!
リカ、歌うよ!

こっちへ来なよ
友達よ、
みんなでバーを
取り巻きながら、
寛い心で
飲もうじゃないか、
独身者よ、つまづくな
女房持ちも、がんばれよ。

リカのプリティー・ウェイトレス、
ハーディ・ガーディ・ハウス。
まだお酒は飲めないけど、きっともう少しだよ。
ババ抜きはできる、どんなふうにでも踊れる、音楽と歌は鳴り響く、
たぶんこれからも、誰かが寂しくて踊れなくなってもきっとその時も
いつまでもこの家で、愛する人を迎えます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。