アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  夕凪 >  夕凪の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の偽日記

『なんで?』

もう!
なんでなんで?

世の中には
不思議なことがいっぱいある。
夕凪は恋のマホウ使いなのに
まだ、お兄ちゃんが勇気を出して
夕凪ひとすじだって言ってくれないの。
なぜだろう?
吹雪ちゃんの天才的な頭でも解き明かせない
この世は謎だらけの世界。
夕凪には、わからないことがたくさん。
確実に知っていることは、ただ一つ。
夕凪はお兄ちゃんといると楽しくて
お兄ちゃんのことが大好きだということ。
知らないことがいっぱいある夕凪が知っている
たったひとつのこと、
だけど
いちばんだいじなこと。
だから、ちょっとわからないことがあるくらい
別にいいかな、
と思っていたの。
でも、こんなに納得いかないのは夕凪はじめてだよ。
なんでだろう?
麗ちゃんがめずらしく素直に
海晴お姉ちゃんに家族思いな姿を見せることができた。
学芸会の本番にいけなくても、おうちで劇ができるように
きのう、かつらが届いた
夢のように美しい奇跡のみなもとは
なんと
夕凪が作り出したすごいマホウなんだと
誰も思いつかなかったのは
なんでだ!
失礼な!

実を言うと、夕凪だけで思いついたことじゃないの。
そうだ、
きょう、家族で麗お姉ちゃんのお友達に詳しい話を聞いたとき、
かつらを受け取った女の子は
いかにも神秘的な感じの巫女服を着ている
小学生くらいの女の子だったという話になって
観月ちゃんじゃなさそうだし
まさか本当にありがたい神様がおうちに来た?
と、あわてていたから夕凪はつい笑っちゃって。
みんなのうしろで
事情を知っている星花ちゃんはおろおろしていたし
吹雪ちゃんは、いつ言い出そうか聞いているみたいに
夕凪のほうをちらちら。
きっと、かつらは大事なものだから丁寧に扱ってね、って
夕凪は受け取るときに聞いていたのを忘れていて伝えないでいたから
今日になって、かなり高価なものだから心配していたとお友達の子から聞いて
夕凪も、えっそうなの、わー危ないところだったって思ったけど
吹雪ちゃんが、ミーチカちゃんにかぶせて届けたのを
大事なかつらを雑に扱ったみたいじゃないかなと思い出して
ちょっと怖かったんじゃないかなあ?
夕凪も、怒られそうで怖かったもん。
怖いのに、びっくりしているみんなを見ていると
笑ったら絶対すぐばれるのに、こらえきれなくて。
夕凪、がまんするの苦手!
結局、ぷるぷる震えているところをお友達の子に見つかって
あっ!
この子だよ!
山の神様を呼ぶ踊りのために、蛍お姉ちゃんが作ったコスプレの巫女装束を着ていても
観月ちゃんみたいに巫女装束に合わせてかっこよく髪を頭の後ろでまとめて結んでいても
顔を見れば一発だったね。
巫女装束は去年のお正月の服。
成長した夕凪にはサイズが合わなくて
その後すぐ着替えたから、誰もわからなかった。
夕凪も思ってもみなかった妙な展開で
動揺しているみんなが面白かったのに
簡単にばれちゃった!

学芸会に見に行けないかもしれない海晴お姉ちゃんのために
星花ちゃんと夕凪と吹雪ちゃんで知恵を出し合って、
かつらを届けてもらえばいいじゃないってひらめいたのは夕凪だよ!
その前の話で、おうちで劇をしてもらえばいいかもって思いついたのは
確か星花ちゃんだったけどね。
そのもっと前の話で、このままだと海晴お姉ちゃんが悲しい思いをしてしまいそうで
何かできないか、と提案したのは吹雪ちゃん。
そして、サンタさんが来たって考えたさくらちゃんのおかげで
麗ちゃんは、なんとなくその気になったみたいで
家で劇を見せてくれて、
だから、家族を思う愛のマホウは
家族みんなが協力して作りあげたもの。
きのう、かつらを届けてもらったのはいいけれど
普通に渡したらたぶん、
余計なことするなって怒られそうな気がしてきて
三人でかつらを囲んで頭を寄せ合って
とうとうパニクった夕凪が
星花ちゃんを連れて山に逃げちゃったあと。
もともと、家に残って小さい子と遊んであげる予定だった吹雪ちゃんが
普通に渡したら、怖がった夕凪に悪いと思って
ミーチカちゃんにかぶせて届けたかつら。
それはもう、夕凪たち三人
家族じゅうから怒られちゃった。
海晴お姉ちゃんにおうちで劇を見てほしいなら
ちゃんと麗ちゃんにお願いするべきでしょう。
断られるかもしれないとしても、心を込めて話をするのが本当だって。
そうだよね。
さくらちゃんも、サンタさんじゃなかったんだって悲しそうにしてた。
わーん、さくらちゃんごめんね。
今回はサンタさんじゃなかったけど
クリスマスには本当に来てくれるからね!
サンタさん、おねがい!
こんな悪い子の夕凪のところには来ないかもしれないけど
きっとさくらちゃんにはプレゼントを届けてくれるよ!
星花ちゃんと吹雪ちゃんも、ふだんはいい子だから絶対プレゼントが届くよ!
夕凪のところにも、もしかしたら来る?
こんないたずらをしなかったら
ふだんはいい子のはずなんだけど……

麗ちゃんは、堂々と舞台に立っていたよ。
きっと家族の前で劇をしたから、度胸がついたんだ!
とか夕凪が言ったらまた怒られるかも?
でも、麗ちゃんの劇が成功して
麗ちゃんが一仕事終えたような表情をしていると、夕凪もうれしいのは本当だもん。
舞台の麗ちゃんがすごくかっこよかったなって感じたのも、夕凪の本当の気持ちだもん。
いたずらで困らせてしまった夕凪が言うのはおかしいかもしれないけど。
いよいよ本番のぴりっと緊張した空気の中、
背筋を伸ばしてはっきり声を出して演じた麗ちゃんは
かっこよかったよ。
きのう、みんなの前で練習してよかったね!
と思っていたら、後で聞いたら
ものすごく緊張していたんだって。
練習と比べたら、体ががちがちになって
全然うまくできなかったって。
あんな演技になっちゃって
見た人はなんて思うだろう?
ああーどうしよう、
いつもきりりとしている麗ちゃんにしては珍しく、
気持ち悪くくねくねもだえている。
そんなことないのにね!
よかったよ?
なんだか、かっこよく天気予報をしたあとに
カメラの外側で
外れないかどうか心配している
海晴お姉ちゃんみたい。
とっても難しいお勉強をして、毎日よく当たっている予報をしてくれるのに
変なの!
麗ちゃんもそんなふう。
家族だから、みんなどこかが似ているけれど
やっぱり海晴お姉ちゃんと麗ちゃんは、特に似ているのかな?
今日はちょっと珍しい、きりりとできない麗ちゃんを囲んで
励ましたり、家族って面白いねって笑ったりする帰り道。
海晴お姉ちゃんに教えてあげたいことがいっぱいで、
夕凪はあふれ出す報告を抑えきれなくて、
一緒に見ていたお兄ちゃんとも、たくさん話した帰り道でした。

次の日曜日は、幼稚園の合唱会があって
その前に、歌が上手な教会のお姉さんたちと
おうちで歌が上手なお兄ちゃんと、なぜか霙お姉ちゃんが幼稚園に行って
歌を教えてあげる予定もあるんだって。
なんで夕凪が行けないのか謎だけど、
おうちにいてもみんなで練習できるから、これはまあいいかな?
その次の日曜日は、夕凪とお兄ちゃんたちにもやってくる緊張の本番。
教会で行われる合唱部のお姉さんたちの立派な発表会に便乗して
地元の人たちが参加する、下手かもしれないけれどやる気で挑むクリスマス合唱会。
それから、楽しい冬休みに入ったらすぐ、
冬休みが始まったことがさらにうれしくなる一番の楽しみ、
家族で過ごすクリスマスが
夕凪たちの家にも訪れる。
わあー!
こうやって待ち遠しい気持ちが盛り上がってくると、
ますます実感、
いよいよだ!
ついに、クリスマスシーズンだね!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。