アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  綿雪 >  綿雪の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿雪の偽日記

『日曜日』

日曜日には
氷柱お姉ちゃんがおうちにいてくれるの。
いっぱい一緒に遊びました。

ときどき不思議に思うの。
お兄ちゃんは、なぜなのか知っているでしょうか?
どうしてユキは、家族といるのがこんなに好きなのか。

学校に行けるようになったのもうれしくて、
お友達がたくさん出来たのもとってもうれしいのに。

氷柱お姉ちゃんがユキの側にいてくれたり
お兄ちゃんがいてくれたり
チビちゃんたちがユキのお部屋まで遊びに来てくれたりすることが、
学校の大切なお勉強より
とっても、
こんなにもうれしいのでしょうか。

その答えは、
ユキは
知らないの!

もしかしたら、小さい頃から入院しなければならなくて
家に帰れない日が多くて
さみしかったからなのかな、
そう考えることもあるのだけど。
でも、だったら学校で遊んでも
公園でお友達と遊んでも
一人で庭を歩いたって
楽しいはずなのにね。
もちろん、友達といるのも楽しいの。
ずっとこんな時間が続けばいいなと思うほど。
もう、体が疲れて重くなってきて
早く休みたいよって言い出しても
ユキはお願いだからもう少し、と無理をしてしまいたくなるの。
本当は、無理をしてしまうことはありません。
お兄ちゃんや氷柱お姉ちゃんや、家族のみんなが心配してしまうと思うから。
体が丈夫ではないことは、ユキは自分でよくわかっているのに
無理をするなんていけないですものね。
ときどき、体を自由に動かせる時間がもっと長ければいいのになと願ってしまう。
運動ができる人がうらやましくなってしまう。
あの子と体が入れ替わってしまったらいいなんて
自分でも恥ずかしいと感じる、悪い気持ち。
そんなことも、ときどきあるの。
本当は、氷柱お姉ちゃんがいてくれるほうがもっとうれしい。
家族といられるから、ユキはいつもはしゃいでいる。
弱い体だから元気に飛び跳ねたりはなかなかできなくて、
この気持ちを本当にわかってもらえるかどうか、それはわからないけれど
とっても楽しいの。
だから、他の誰とだって体を入れ替えたりしません。
ずっと氷柱お姉ちゃんの妹だよ。
氷柱お姉ちゃんとユキが、お兄ちゃんの妹です。
みんなでお兄ちゃんの家族なの。
うれしいな。
どんなことよりもうれしいよ。
丈夫な体を持ったことはないけれど
きっと、体が丈夫になったとしても
こんなに、ユキが自分でも分からないくらい不思議にうれしくなることなんてないと思うの。
こんなにも。
もっとうれしいことがあるなんて、とても考えられない。
自分でも説明がつかない、この気持ち。
なぜですか?
なんでも知っているお兄ちゃんならわかる?
ユキはおうちで家族のみんなといるのが好き。
氷柱お姉ちゃんが、もっとおうちにいてくれたらいいのにな。
とっても大変なお仕事をしているのに、そんなわがままを言ったらユキは恥ずかしい子です。
だから、お休みの日曜日はいっぱい遊んでもらいます。
蛍お姉ちゃんもいてほしかったよ。
クリスマスには、蛍お姉ちゃんも氷柱お姉ちゃんもお仕事が終わって帰ってくるんでしょう?
そのときにいっぱい一緒にいるために
体調を崩さないように気をつけることが
ユキにできることだと思います。

お仕事をするのは大変なことも多いの。
海晴お姉ちゃんは、毎朝テレビの向こうで笑顔。
ユキたち家族や、テレビの前の人たちに、今日も元気でいられるように挨拶をしてくれます。
麗お姉ちゃんとけんかしてしまった次の日でも
笑顔で、麗ちゃんも元気に学校に行ってきてね。
昨日のケンカのことはくよくよしないでいいから、まずは一日をしっかり過ごしてね、って。
麗お姉ちゃんは、そんなことまでテレビで言わないでよーって困っているけれど
その時はもう、落ち込んだ顔はしていません。
ユキには素敵なお姉ちゃんがたくさんいるんですね。
ときどきつらいことがあっても、海晴お姉ちゃんはあんなに元気をくれるの。
立派なお仕事だけど
とっても大変なんだろうなあって思います。
蛍お姉ちゃんと氷柱お姉ちゃんも、お仕事はきっと楽しいだけじゃないと思うんです。
氷柱お姉ちゃんは、お仕事は何も問題ないんだって。
かっこ良くお店のお姉さんをしているって、楽しいお話をいっぱいしてくれる。
ときどき怒られることもあるけれど大丈夫、と言う時の笑顔だけはちょっとつらそう。
失敗した話なんて、あんまりしたくないですよね。
でもユキはちょっと心配してしまう。
今日の夜、蛍お姉ちゃんに聞いたお話。
氷柱お姉ちゃんは、夕方に蛍お姉ちゃんのパン屋さんに行くから
お仕事の様子を見学させてほしいって言っていたけど
来なかったから、何かあったのかなって。
たぶん今日の夕方、ユキが氷柱お姉ちゃんにもっともっとっておねだりして、
ずっと一緒にいてほしくて、くっついていたのが原因なんです。
ユキ、少しでも長く氷柱お姉ちゃんと遊んでいたかったの。
氷柱お姉ちゃんは楽しそうに笑っていたけれど
ユキは、氷柱お姉ちゃんに迷惑をかけてしまったでしょうか?
いけないユキ。
でも、一緒にいたかったんだもん。
せっかく氷柱お姉ちゃんが一日中おうちにいる日曜日なのに
離れるなんて嫌だったの。

明日は月曜日。
氷柱お姉ちゃんはまたお仕事が始まります。
それなのにユキ、自分のことばっかり考えていて、ごめんなさい。
氷柱お姉ちゃんに元気にお仕事をがんばってほしいのは本当なのに
どうして困らせてしまうんでしょう?
お兄ちゃんは、明日は合唱の練習に行くんですか?
霙お姉ちゃんから聞いたの。
これからしばらくは、お兄ちゃんたちもいない日が増えるんですね。
クリスマス合唱会が終わるまでなんですよね。
お兄ちゃん、ユキが合唱に参加したら
やっぱり、いけませんか?
これからどんどん寒くなっていくのに、そんなに外出をするなんて良くないよね。
ただ学校に毎日通うだけでも難しい、ユキの体なのに。
立夏お姉ちゃんは、お兄ちゃんに楽しい歌声を届けたいから参加するんだって。
ユキはたぶん、他の人ほど立派に歌うことはできません。
楽しく元気な歌声も、きれいで上手な歌声も、届けることはできません。
ただ、家にいるのがちょっと寂しいからついて行きたいだけで
弱い体なのに、寒い季節に学校以外で外に出て行くのは
やっぱり、だめだよね。
わかっています、ユキの体は他の人より少し弱いのだから
無理をしないように自分でも気をつけなければいけないことくらい。
家族もユキの体のことを気をつけてくれるんだもの。
みんなをあんまり困らせたら、ユキも悲しいです。
だから、今日はもう少し。
お兄ちゃん、もう少しだけ
みんなと遊んでいたらいけない?
ちゃんと時間になったら素直にお休みするから
お願い、それまでは。
あの、お兄ちゃんもここで一緒にいてほしいの。
あのね、氷柱お姉ちゃんに教えてもらって
ユキはお店屋さんごっこをしたんだよ。
まだお外にお仕事にいける年じゃないけれど
やさしい挨拶が素敵だね、って褒めてもらえました。
ユキのお店屋さんに来てほしいです。
そんなに上手なお店屋さんじゃないかもしれないけれど
お兄ちゃんに見てほしいよ。
あったかいおうちの中だから、ユキはきっと大丈夫なの。
今日は日曜日なんだもの。
せっかくみんながいるんだから。
もう少し遊んでいたら、きっとお兄ちゃんにも喜んでもらえる。
ユキはもう立派な、ケーキ屋さんのお姉さん。
ごっこ遊びの中では、そうなんです。
お願い、お兄ちゃん。
せっかく今日は氷柱お姉ちゃんからいっぱい教えてもらったから。
ユキのいらっしゃいませや、
チョコレートケーキでございます、
ありがとうございましたのうれしい笑顔を
早く、たくさんお兄ちゃんに見てもらいたいんです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。