アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  ヒカル >  ヒカルの偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカルの偽日記

『12月の予定』

私は、アルバイトに行く気はないと言っているんだけど。

どうしたらいいだろう。
春風は、はっきり断るのがいちばん相手のためだって言ってる。
うーん。
言ったはずなんだけどな。
しかも、何回も。
言ったのに、
いいから、いいから。
という感じで、
毎日お昼に一つ、おかずをくれる。
卵焼き。
ミニハンバーグ。
スパゲティ。
エビフライ。
定番メニューは、やっぱりうれしい。
なにしろ本職の喫茶店のメニューだから。
私は春風や蛍のお弁当のほうが好きだけど。
喫茶店は何度食べても同じ味。
時代に合わせて変えていく必要があるって、お店を手伝っているその子は言ってるけど
今の私には、昔ながらの喫茶店の味。
まだ海晴姉たちも小さい時期に、ママに連れて行ってもらって
ときどき食べた記憶がある味。
なんとなく華やかな時間だったような、外食の思い出。
子供の頃の懐かしいドキドキを思い出したりもする。
それとは違って、春風や蛍の料理は、今の私たちが毎日食べることを考えて
飽きないように工夫している。
いいお嫁さんになりそうなふたり。
私はたまに思うんだけど。
春風と蛍が家族にいてくれるおかげで
私の胃袋はとても幸せな毎日を送っているんじゃないだろうか?
家族たちと幸せに過ごすことは、胃袋はそこまで重大ではないかもしれないけど。
姉なのに泣き虫の春風や、子供っぽい好みが昔と何も変わっていない蛍を
私が守ってやるんだと思っていたのに。
いまはずいぶん頼ってしまっているんだな。
ずっと続けてきた剣道のそれなりの実力や、
昔から運動会でもスポーツでもある程度こなせている運動神経は、
蛍がしばらく用事でキッチンの仕事から抜ける現状で、
なんの役にも立ちはしない。
手伝いを始めた頃の指先の絆創膏は、
あの子も見ていて心配してくれた。
喫茶店の手伝いなんて、私は役に立てないのはわかっていると思うんだけど。
なのに熱心に誘ってくれる。
今日も、ハムカツをくれて
気が向いたらいつでも言って、だって。
私のサイズの制服もすでに準備しているというのは
さすがに冗談だよな。
はあ……
受け取らないほうがいいのかな。
ハムカツ、おいしかったな。
お弁当には、自分たちで作った前日の料理が入ることもあるから
具がこぼれた餃子の横に
形のきれいなハムカツは輝いていた。
今日のお弁当のうるおいだった。
いや、オマエと小さい子たちが一生懸命作った餃子もおいしいよ。
でも、プロの料理に対抗できるのは春風か蛍だけだよ。
蛍は今はいないし、春風だけでくまなく目が行き届くとは限らない。
今日、春風が弁当に入れてくれたのは
バランスや彩りを考えた野菜各種のベーコン巻き。
これもおいしいよ。
おいしいけど、メインにはならないよ……
メインは餃子だったし。
春風の助けがあっても、なかなか喫茶店メニューにはかなわない。
このままもらい続けていたら
やっぱり悪い気がしてしまって、ちょっとだけでも手伝うことになるのだろうか。
別に手伝えなくてもかまわない、って言ってくれる。
おかずを持ってくるのも下心なんだから気にしないで、と。
真剣に考えてみたけど、蛍も氷柱もアルバイトに行って、私まで家を空けるのは無理だよ。
期待を持たせ続けるみたいにもらっているほうが悪いとはわかってる。
でもこんなに買ってくれているのなら──
一日だけでもいいって言っている。
それにしても、私のどこがそんなに?
少しは家事にも慣れたけれど、いまだにたいしたことはできていないよ。
一応、指先の絆創膏はもういらない。
傷跡もきれいに消えている。
立夏は、オマエが私を傷物にした責任を取らないとって言ったけど
もう傷はこの通りだし。
あんなに慌てることなかったんだよ。
子供の頃から、もっと大きな擦り傷や切り傷はたくさん作ってきたんだ。
この前、一緒に包丁の練習をしていたあの時。
オマエが指を切りそうになってまわりがびっくりした拍子に、つい私が怪我をしたからって
小さな傷だったんだし。
責任を取るなんて必要ないよ。
うーん、あんなに熱心に喫茶店に誘ってくれるのは
多少の怪我はなんでもない頑丈な体を見込んでいるのか?
でも12月からは、合唱の練習も始まる。
家に残るのは参加しないメンバーだ。
小雨と麗と吹雪で、チビたちの面倒を見ることになる。
なるべく年長もいたほうがいいと思うから、私は家にいるつもり。
霙姉はもちろん主催者だし、
オマエは霙姉の誘いは断れないみたいだし
春風もオマエと一緒なら行くというし。
それから立夏と星花と夕凪。
このメンバーを心配している子もいるよ。
麗とか、本当にいいのだろうかって。
参加条件は年齢も経歴も問わない。
お気軽にと言っても
いくらなんでも立夏が。
おまけに夕凪が。
はしゃぎすぎないだろうか。
立夏は練習したとしても合唱になるのだろうか。
なんてね。
でも、私は難しいことはわからないから。
もし迷惑になったり、足を引っ張ってもいいと思うな。
参加したいならいいんじゃないか。
立夏も夕凪も、歌うのがとても好きだろう。
いいじゃないか。
思いっきり歌えばいい。
一生懸命練習すればいい。
やるからには、中途半端だったらかっこ悪いぞ。
せいいっぱい練習して、あんまり上手じゃなくて恥ずかしくてもいいよ。
私も、当日は応援に行くから。
家族みんなで行くと思うんだ。
参加する子達にとっては晴れ舞台。
楽しみだな。
がんばってきてほしい。
私は、留守の子が多い間は、家を守っていたい。
やっぱり喫茶店のアルバイトは断らなくちゃ。
もうおいしそうなおかずに心を動かされないように、
土日はお弁当作りの練習を少しだけ、してみたいんだ。
はっきり、おかずはもういらないんだと断れるように。
春風はすごいよな。
私よりも熱心に誘われていたって聞いたよ。
春風なら当然だよな。
だけどはっきり、全部断ったんだって。
それはもう、きっぱりと。
クリスマスは予定があるからって。
それは、とても大事な予定だから。
すごいな……
私もそんなことが言えるのかな。
おかずをもらえるのは、正直とても嬉しいんだ。
このごろは、まかないもおいしいよって誘われて心が揺れる。
いや、食べ物に釣られてばかりじゃなくても。
私に春風みたいに、自分の気持ちに目をそらさず
向き合う力があるだろうか。
何よりも、いちばん大事なものがあるからと。
それを誰かに伝えるために
自分の中で認める勇気があるだろうか。
でも、やらなくちゃ。
やるだけやってみてから、考えよう。
できなかったら、またその時だ。
私は、いろいろ悩むのは得意じゃないんだ。
本当に苦手なんだよな。
なんて、そんなことオマエならもう知っているかな。
晩ごはんのメニューを決めるときも、あんまり悩まないから。
メニューで迷ったときは私に相談するといいぞ。
私は、かなり不器用だから
キッチンのことは頼りにしてるよ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。