アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  吹雪 >  吹雪の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の偽日記

『低温』

今日は雨でした。
私にはあまり悪くない気温でしたが
平均的な感覚で言うなら、健康に強い影響を及ぼす可能性がある寒さ。
キミは体調は問題ありませんか?
これからも家族の誰も風邪を引かなければいいのですが。

私が比較的過ごしやすいと感じる季節。
これから寒くなるとさらに快適になります。
こたつで丸くなる家族を不思議に思いながら見つめ、
かといって、犬のように庭を駆け回るわけではない。
私が低温環境を好む理由は、平均体温の低さにあると考えています。
単純に、体質の問題です。
おそらく。
ときどきまわりの人は冗談で、私のことを
コンピュータのような特徴があると言います。
しかし、機械ではないと思います。
体温は低めでも、一定の温度を保っている恒温動物です。
小さい頃の写真もありますし
おぼろげながらも、押さなかった自分の記憶もあります。
もちろん、家族に言われても思い出せない話もあって、
私があさひや青空くらいの頃は、まだ赤ちゃんらしく体温はそれなりだったそうです。
あまり良く食べる子ではなくて、心配をかけたらしい。
あの頃から自分に必要なカロリーを計算して摂取していたのではないかと言われますが
おそらくそのような意識はなかったと思います。
私にも赤ちゃんだった頃がある──
何も憶えていないその時代。
どのように世界を認識して、何を考えていたのか。
見るもの全てが新しく、謎に満ちている。
これはキミの前にいるときと同じ感覚ではないのだろうか。
まだ幼い時期は終わっていないのか──
自分自身にある、いまだ解けない謎と比較してみても
キミは極端に多くの謎によって構成されているようです。
どのような物質でできているのか。
人体の成分は果たして全て同じなのか。
キミと私を区別しているものは。
また、キミが他の人間と違う何かの要素があると
私に感じさせる原因は。
どうやって分析すれば解明に近づくのか、それもわかっていない。
たぶん、客観的な基準を設定し、測定するのが適当でしょう。
この場合、冷静に時間をかけて分析した自己が、まずはひとつの基準かもしれない。
私の低めの体温と比べて
キミの温度はどのくらいでしょうか?

ここ数日は気温が低く、
秋がもうすでに過ぎたかにも見える。
まだ食欲の秋も運動の秋も楽しみ尽くしていなかったのにと
あわてている、星花姉や夕凪姉たち。
私が強く興味を持っている分野は
読書の秋、芸術の秋。
確かにまだまだ追求したい課題はたくさんあります。
しかし、過ごしやすい秋を利用するどころか、
いくら時間があっても足りません。
冬になって多少過ごしにくい場合でも、
なるべく好みの研究に打ち込める環境を構築すると良いでしょうね。
焦ったところで、それほど多くのことはできません。
天気予報によれば、明日はよく晴れて小春日和になるとか。
おそらく、土曜日を利用して星花姉と夕凪姉が張り切るのではないでしょうか。
明日一日でどれだけ食欲と運動を充実させられるのかは疑問です。
秋はまだ通り過ぎてはいないようですが
もう、まもなくでしょう。
明日は暖かくなる予報でも、油断はしないでください。
この数日の寒さが別だったにしても、すでに11月も半ば。
冷える時間帯もあると思います。

蛍姉がアルバイトに通いはじめ、
しばらくは家族が全員で家事を担当します。
食欲を満足させるにはいい機会かもしれませんね。
昨日の料理は、夕凪姉を止めたことで私が評価してもらえましたが
私は本を参考に作っただけで、実はそれほど活躍していません。
このまま料理本に頼っていても、近いうちに作れる料理は同じようなものばかりになります。
全ての料理を試すにはまだ実力が足りません。
できることがなくなった場合、夕凪姉がしていたように無謀に見えても試みを重ねて
実践で経験を積んでいくほうが、頼りになる可能性は高い。
ですから、昨日は本当は夕凪姉に任せることも考えていました。
まだ始めたばかりでは失敗の可能性は非常に大きなものですが
だんだん各自の手際がよくなってくれば
これからは、あまり止めることはなく
積極的に夕凪姉に意見を求めていくつもりです。
おそらく、近いうちに私よりも夕凪姉たちがリーダーシップをとるようになるはずです。
そうしなければ、私の方法では長くは続かないからです。
夕凪姉たちが失敗しながら蓄積していく経験が、
食事のバリエーションを増やす場合、どうしても必要になる。
先を予測して行動を抑える私には真似ができないことです。

失敗を恐れず、挑戦を続けるのは
いったいどのような性質に由来するのか?
私を基準にして夕凪姉を分析すると、
体温の高さと、カロリー摂取量の違いがひとつの理由にあるかもしれない。
私が、あまり必要以上の食事をとるつもりがないのは──
例えばここにある、寒いから元気が出るようにと立夏姉がいくつも買ってきたチョコレート。
体内でエネルギーに変わる効率が高い食品です。
つまり、食事を摂取すると熱が発生するのであって、
私は熱は苦手なのであって……
いつも夕凪姉に頼ってばかりはいられない。
無謀な挑戦をする行動力が、果たして私にあるのか?
失敗するとわかっていても
私がどうしても試したいと考えるようなことがあるとしたら、
それはいったい──
そういえば、明日からはキミも料理に協力すると聞きました。
もしも私が料理本にない行動をとりはじめたら
その時は、今後に必要な行為だと思って
協力してもらえると助かります。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。