アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  氷柱 >  氷柱の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷柱の偽日記

『サティスファクション』

秋も深まってきた。

タンスの中身も、着々と入れ替わって
寒い季節への備えが、この家のどこでも始まっている。
特にユキは体が弱いし早めに服を出しておいてあげないと。
まだ温度が上がることもあるし、入れ替えは時間をかけてじっくり行いたいわね。
服がないからと適当に薄着で過ごして何も疑問に思わない夕凪も放っておけないし
寒くなってくると、吹雪も調子が出てくるのか
薄着でも快適そうに生活している。
麗は自分のことはしっかりしているけれど、それが済んだらさっさと出かけてしまうし
立夏は言うまでもないんだし。
それからマリーたちだって、いくら背伸びして大人みたいな顔をしていても
自分でできることは限界がある。
手を貸してあげなきゃいけない子がいっぱい。
片づけが得意な小雨ちゃんが手伝っていると
今度は、遊びだす小さい子を抑えきれない。
仕方がないから私が助けに行ったら
ぎゃー!
うわあ!
今日は氷柱お姉ちゃんだ!
おたすけー!
どういう反応?
星花ちゃんまで、お手柔らかにって緊張している。
いやいや、ちょっと待って。
確かに私は、少し厳しいかもしれないけれど
それは、効率よく進めていかないといつまでたってもきりがないから
少々口うるさくなってしまうだけであって。
上手にお片付けした後は、褒めてあげてるし
おやつも出してあげているし。
まあ、蛍ちゃんが作ったものだけど。
皿に並べるくらいなら私でもできるから。
そこまで厳しくはしていないわよ。
たぶん。
べつに、賽の河原で石を崩したりみたいなことは全然していないのに
どうしてここまで鬼みたいに恐れられているの?
たまにうるさくたって、仕方ないじゃない。
放っておいても服が出てくる魔法はないんだし
誰かが厳しくしないといけないの。
だんだん寒くなるこの時期、
体調を崩す心配が先でしょう?
とはいえ、がみがみしかりつけるのも逆効果だってわかったから
自発的に、あの子達で冬服の準備を始めるようにうながすわ。
具体的には──
褒めて伸ばせばいいのかな?
でも、よくできましたってなでなでしてあげてるけどな。
しかも、おそらく懐柔するには最難関の吹雪は
こちらを説得にかかってくる強敵。
褒めてどうなるものでもない、
むしろこちがら吹雪の流儀に取り込まれそう。
自分が最も快適な服を選ぶべきではないかって。
でもね。
いくら吹雪自身が平気だからって、
夏そのままの薄いワンピース一枚はさすがにね。
朝方、このごろ日に日に冷え込むようになってきたわねと思いながら
ああ吹雪じゃないの、おはようってまだしゃっきりしない顔で挨拶を返したら
朝の寒さをまるで感じさせない軽装に、思わず二度見っていうことが
10月になってから、もう何度もあるのよね。
吹雪だって、体調を崩すときはあるんだから
せめてもう少し軽い上着でも着ればいいのに。
服装の意義について議論を始めると、
服は自分に合わせてふさわしいものを選ぶようにできているって
理屈は吹雪のほうにあるように思えてくるのよね。
服飾の専門家は蛍ちゃんがいるから、任せるのが本当かもしれないけれど
知らない顔なんてできないし。
家族の健康を気遣わないなんて、やっぱり何か違うんじゃないかな。
余計なお世話になっているかもしれないけれど
別に、鬼じゃないはず。
でしょう?
どうなのかな。

下僕も、衣替えは進めてる?
これから冬を迎える準備はできた?
もし、まだ手付かずだからって
小雨ちゃんに手伝わせるようなことはしないでね。
刺激が強すぎると思うから。
私は別に、麗ほど男に偏見を持ってはいない。
怖がるなんてとんでもない。
男なんてたいしたことない。
あなただって、せいぜい下僕がいいところ。
でも、そのへんを小雨ちゃんたちに理解しろと要求はできないもの。
なんだったら、私なら手伝ってもいいけど。
男に幻想も何も持ち合わせていないから
ちゃんと、サボっているときはきっちり叱りつけてあげる。
よくできたら、なでなでしてあげてもいいわ。
よしよしって。
あなただって家族の一人なんだから
ずぼらな性格のせいで体調を崩したりしないようにね。

着替えの用意がいろいろ大変なこの時期に
いやがらせみたいにハロウィンまでやってくる。
私の衣装なんて、魚座だから半魚人だって。
いくら今年は12星座に合わせてみたいからといっても
それはね……
青空のタコちゃんも、魚類っていうのか……かわいいけど。
まあ、下僕よりはマシよね。
蛍ちゃんが、お兄ちゃんは特別にしたいからと
最もまぶしい天の星、シリウスから姿をとって
狼男になってほしいそうよ。
男は狼ね。
この下僕には、ちょっともったいない称号じゃない?
狼なんて。
似合わないんじゃないかな。
もう少し時間があるから、考え直してもらうように要求しようかしら。

あまりにも子供っぽすぎるイベントだし、
積極的に参加する気もなかったんだけど。
夕凪が小さい子たちに教えているの。
トリックオアトリートはマホウの呪文。
となえるとお菓子がもらえる、一日限りのマホウ。
私が子供のときは、ハロウィンなんてまだ定着していなかったから知らないけど。
そんなに夢があるものなのかな。
きらきらした目で
たかがお菓子くらいで。
いつもいっぱい食べているから
別に満足していないわけではないでしょうに。
そんなに楽しみにできるものなの?
わからないな。
台風の影響で、しばらくは天気が不安定。
ハロウィンはまだ先だけど、もしかしたら中止もありえるわ。
私は別にかまわないんだけど
楽しみにしている子がいるから、本当に中止になったら複雑だな。
それに、苦手なイベントがなくなりました、安心しましたっていうのも
逃げてるみたいでかっこ悪い。
参加するかしないかは、私で決めさせて欲しいというか
少なくとも、天の神様が好きにしていいようなことじゃない気がする。
小さい子たちを見ていたら、そう思う。
今年くらいはハロウィンがあってもいいというか
なるべくなら、それが本当だろうっていうか。
当日に私がどうするかは、天気じゃなくて私が決めることのはずよ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。