アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >   >  麗の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗の偽日記

『おみまい』

日の沈む時間が
だんだん早くなってきて
気がついたら暗くなっている夕方に
秋も深まってきた気配を感じる。
なのに
気温は妙に上がる
今日このごろ。

立夏ちゃんのミニスカが
涼しそうで
うらやましいなんて
なにかが間違っている。
はしたないから、私は真似しない。
ほんの気持ちだけ、薄着になった程度。
女の子に必要なのはつつしみ。
大切な人に会いに行けない悲しみを
誰にも言えず胸に秘めています。
激情を抱えて、誰にもぶつけるわけにはいかない
おんなごころ。
そういうものなの。
あまりあけっぴろげになんて。
暑くても、あまり恥ずかしい格好はできません。
男の人にだって必要。
つつしみ。
ね?

台風から変化した低気圧が
南の海上からの暖かい風を呼んでいます。

こんなこと言わなくても知ってるか。
晩ごはんの時に、海晴姉様からレクチャーがあったものね。
ちゃんと聞いているのか怪しい人たちも数人いたけれど。
みんながおなかいっぱいになるくらい作ったんだから
そんなに急いで食べる必要ないのに。
今日のカレーライスで余ったカレーは
カレーパンになって明日のおやつに変わります。
なんだか天気予報の解説みたい?
とにかく、よくかんで食べないと
消化に悪いのに。
胃がもたれて眠れなくなっても知らない。
夜まで電車体操して付き合っていられないわ。
日が暮れるのが早い時期、
体操にヨガに趣味も幅広く。
だけど私は食事も落ち着いていただくから
特に意識して体を動かす必要はありません。
長い夜が続いても、
時刻表一冊で越してしまいそうな秋と冬。
あなたも、小さい子に遊びをせがまれて体力が必要みたいだけど
むさぼって食べないほうが健康よ。
見た目も上品だし。
男に上品を期待しても仕方ないか。

こんなに20人分も量があるから
食事の匂いに誘われて
ちゃちゃもやって来たのかしら。
せっかくだけど、そんなにあまらないから
野生の動物にはあげられないわよ。
残った分は、家庭的な知恵でおいしく利用します。
肉や魚のカレー煮も候補に挙がりそうね。
たぶん明日あたりまでリクエストは受け付けてくれる。
カレー料理は百花繚乱。
意外とそんな日本。
食べ物の匂いに誘われて野生動物が入り込むことも
ないとは言い切れないけど。

今日は、夕凪ちゃんと小雨ちゃんに付き合って
動物病院でいのししに会ってきた。
どうにも放っておけない二人だし。
道に迷う心配は、私がついていけば問題ない。
夕凪ちゃんが顔を見せただけで
狭いおりの中でじっとしていた赤ちゃんいのししが
急に鼻息も荒く興奮を始める。
やっぱり、知っている人だと嬉しいの?
いのししも?
あさひと変わらないわね。
知っている人を見つけたら、すぐ遊んでもらいたがる。
小雨ちゃんともすっかり仲良くなってる。
足の怪我はだいぶよくなって
食欲も出てきたんだって。
お医者さんが用意したエサを、夕凪ちゃんの手から食べていたわ。
いのししに上品を期待しても仕方ない勢いだった。
何を食べているかというと
今日のエサは、穀物を砕いたものや植物の種子を混ぜ合わせてあるらしい。
あまり参考にならないわね。
参考にする機会も今後あまりないと思うけど。
確か、最初はエサも食べなかったんだから
食べ物に誘われてやってきたわけじゃないか。
遊んでほしかったの?
にぎやかにしていたから?
まあ、にぎやかさではこれほどの家はなかなかないと思う。
動物が多い病院でも
夕凪ちゃんと小雨ちゃんに遊んでもらって、
安心したみたいに眠ってしまった図太さがあるから
うちの家族にすぐ馴染む素質は持っているのかもね。
こんなふうに気の抜けた表情で寝る人を
うちの家族で何人も知っている。
この子も、当たり前みたいに家族になれたらいいのに。
ママは長男なんて生き物まで連れて来て平気でいる。
そんな無茶をしても
すっかり家族の一員になっている。
よく油断しきった顔で眠っているのも同じ。
小さい子と遊んでいたらやけに興奮を始めることだって
夕凪ちゃんがこんなにきらきら見つめているのも変わらないのに
どうしていのししだとだめなんだろう。
顔も同じようなものなのにね。
でも、ちゃちゃにはみんなかわいいって言うけど
あなたのこと、かっこいいって。
私はそうは思わないけど。
あなたのこと、頼りになるって。
私は普通だと思うな。
やっぱり男の人がいると違うと言う。
来てくれたのがあなたでよかったと言う。
男の人なんて来なくてよかったのに。
まあ、あなただったからまあいいかと思う。
ママは、いのししの身元がわからなかったら
いざというときには
知り合いの動物王国に預かってもらえそうだって。
そのつてで、動物園や大学から逃げていないかあたってもらったけど
今のところはどこも心当たりがないとか。
この近くにいのししなんて住んでいないのに
どこから来たんだろう。
ちゃちゃは、うちで遊びたくて
わざわざ遠くの山から訪れたの?
いくらうちがにぎやかといっても、そこまで響き渡らないんじゃないかしら。
大きな声で歌ったり泣いたり、笑ったり跳ねたりはしている。
みんな、そういうものだと思うけど。
うちだけ特別なんてこと、
それはもちろん、住んでいる私たちには
家族の全員が特別なだけよ。
ちゃちゃもわざわざ、こんなうるさいところに迷い込まなくてもいいのに。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。