アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  吹雪 >  吹雪の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の偽日記

『サイクル』

幼稚園の運動会が終わりました。

三人みんな、良い結果を出せたようです。
帰宅して昼食をとる間も、はしゃいでいましたね。

徒競走に出場した
さくらの成績は、
5人参加した組のうち
4位でした。
最下位を逃れたのは
練習の成果と判断することもできます。
さくらも満足していました。
よっぽど安心したようで
よんばん!
よんばん!
お兄ちゃんたちのおかげ!
すぐ飛んできて、教えてくれました。
順番はずっと見ていたので知っています。
そこまで急いで伝達に来なくても大丈夫です。
しかし、最下位の子は転んでしまったので
この順位にどこまで実力が反映したのか
はっきりとしたことはわかりません。
転ばないでゴールできただけ、
さくらの走りは上達しているのでしょう。
立夏姉は、もう少しで上位に食い込めたと
自分のことのように悔しがっていました。
もともと、運動能力が近い子を選んでの組分けだったそうですから
立夏姉が言うように、組が違っていたら一等賞の可能性があったかというと
どうでしょうか。
さくらも転んでも仕方ない組にいたように見えました。
上位の子の背中からさほどはなれずについていけたのも、
組分けの結果だったのでしょう。
立夏姉は2馬身差と表現していましたが
それは適当な表現なのでしょうか?
人間の走行では、馬と違って最後に逆転するような競争は多くない。
長距離走でスタミナを残していればスパートをかけることもできますが。
もう少しに見える差でも、幼稚園の徒競走では
いったん離されると追い抜くことはかなり困難です。
せめてもう少しコースが長ければ
練習にかけた時間が、持久力に大きく影響してくる可能性はあります。
幼稚園の運動会でそれは過酷なので、考えられない状況です。
こんな言っても仕方のないことを言い出すとは、
私もさくらがもっと上位を狙えたと判断しているようですね。
冷静な視点というよりは、練習を見てきた
しかし、本人が満足しているようなのでこれでいいのでしょう。
マリーの一等賞をきらきらした目で見ていましたが
さくらがこれからも順当に練習を重ねていけば
当然、順位が伸びて一等賞を狙うこともできます。
もともとの向き不向きよりも、努力が結果に大きく影響することは
園児でもそう変わらないでしょう。
とはいえ、ユキは練習するより体調を維持する努力が必要であったり
個人差によって大きく異なる点もありますが
それは大人でも変わらない部分です。
さくらが来年、再来年と、走力を伸ばしていくのかとなると、
そうですね……
園児の時期は、自分の行動を律する能力が未熟な傾向にあり、
短期間の趣味嗜好が、その時点における能力に関わってきます。
ふだんから競争心を意識していないらしいさくらが
このまま順位を伸ばしていくか、それほど期待できない気もします。
運動しやすい季節でもあり、
さくらが練習を続けたいというなら、
これからしばらくは、
さくらにとっても一緒に練習するものたちにとっても
適当な気候ということになります。
来年の運動会も見に行くでしょう。
その時にどうなっているか、正確な予測は不可能です。

今日は久しぶりに幼稚園を訪問しました。
私も2年前まで通っていたはずなのに、
記憶に残っている出来事はごくわずか。
正直に言うと、久しぶりという実感もありません。
私は本当にこの幼稚園に通っていたのでしょうか。
整った形状を成さないわずかな思い出と
おさがりで利用される品々の由来話が、当時を語るわずかな頼り。
さくらがよく利用する髪留めは私も使っていたものだと聞いています。
私の一つ下のユキは、体が弱くて幼稚園に通えなかったため
夕凪姉と私の二人で幼稚園に通っていた時期が、一年間存在します。
覚えていることはほとんどないのですが
当時は身だしなみをまったく気にしていなかった私に、
夕凪姉が髪を結んでくれることが良くあったそうです。
今でも夕凪姉は手先がそれほど器用ではなく、自分の身だしなみにも手間取っているのに。
まわりにたずねると、そういえば私が髪留めをしている姿を見ることがあったが
てっきり自分でやっているものだと思っていたと。
私も自分の身だしなみを人に説明することはなかったので
私の記憶が存在しない今、
真実を知るのは夕凪姉ただ一人です。
二人で幼稚園に通い、帰宅する場合が多かったため
決してそのようなことがなかったとは言い切れません。
今日の帰り道、すすきをひろう夕凪姉を見ていて思い出したことで
昔、幼稚園からの帰り、
夕凪姉がすすきを振り回す際の驚くべき軌道に興味を持ち
帰宅してから霙姉に相談して、楕円の性質についての関連書を貸してもらった記憶があります。
私の現在の趣味に、夕凪姉の影響があったとも考えられますね。
夕凪姉の卒園後は、私とマリーの二人。
世話をしてあげた記憶も、遊んであげた記憶もあまりなくて、
私はマリーにとってあまりいい先輩ではなかったのかもしれません。
今日、観月とさくらの尊敬の視線を浴びて
堂々と相手をしてあげているマリーの嬉しそうな姿に、
このような姿をあまり見てあげられなかった自分を思い返しています。
三人が今、実りのある幼稚園時代を過ごしていると良いと思います。

先週は、キミたちの学園祭もあり
イベント続きでしたが、
これでしばらくは、家族行事など何も予定はありません。
今月末のハロウィンまでは、
ようやく訪れた本格的な秋を
静かに過ごすことになるでしょう。
小雨姉によれば読書の秋、
立夏姉によれば収穫の秋、
麗姉によれば鉄道の秋です。
秋の夜長とも言います。
時間に追い立てられることもなく
好きなことに没頭しやすい時期になりました。

しかし、明日は気温が上がる予報。
明後日以降は、台風の影響で天気が崩れそうです。
やっと涼しい季節が来て、快適になったと思ったのですが。
もうしばらくは、天気予報を気にする日が続きそうです。
小さい子たちがそのつもりであれば、走るのを見てあげても良いですね。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。