アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  綿雪 >  綿雪の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿雪の偽日記

『夜長』

おひさまが出ている時間が
日に日に短くなって
気がついたら、
夕方には思ったよりも涼しい風。
まだこんな時間なのに!
ベッドに重ねるおふとんが、一枚増える季節。
体が弱いユキは、
暗くなったら
早くおうちに入らなくちゃ。

夏の暑さが続きそうだった
9月のはじめから
ほんの数日。
まだ、汗をかく強い日差しはときどきあるのに
今日みたいな、薄い雲のかかる日は
いつもより感じる。
秋は深まっています。

体の調子を見て、早めに休んで
目を覚ましたらまだ暗い
そんな朝にも。
目を閉じて、ときどき目を開けて
窓の外を、カーテン越しに見つめて。
起き出して行く時間を待つとき
優しい家族と、楽しい学校と
もしかしたらそれを我慢する日になるかもしれないことを思って
胸が早くなって、また寝付けるなんて思えない
一人の朝。
カーテンを見ている時間が増えるのは
くもりの日が続いたからではなくて
秋がやって来たことが理由。
春風お姉ちゃんと、蛍お姉ちゃんが起き出して
キッチンのほうで朝の音が聞こえ始めるのが
一日一日、だんだん待ち遠しくなるのも
くもりのせいではないの。

これからだんだん
暖かい時間が減っていくと
お外に出られる時間も減っていくのかな。
まだ全然平気な時期のはずなのに
急に涼しくなってきたから
実際は、過ごしやすいくらいの気温でも
なんだか
物思い。

小さい子が読むおはなしでは、
体が丈夫じゃない子はよく
知恵者の役割で
部屋にこもることが平気みたいだけど
ユキは人並み以上に成績がいいということはなく
それなり。
家の中にいるのは
ここにはいつでも
お姉さんも、赤ちゃんも
家族がいるんだもの、
好きなほうではあるけれど
お外も、嫌ではないです。
走ったりとんだりしなくても
のんびり歩くだけでもいい。

ずっと家にいると、
体が弱かったせいにしたらいけないけれど
小さかった頃からの趣味は、そんなにないの。
おうたをうたったり
おどりをおどったり
みんながしているようにしたくても
あまり知らなくて、はずかしいな。
家の中でお勉強をしていても
天才さんではないから
ずっと集中はできない。
氷柱お姉ちゃんやお兄ちゃんは、すごいね。
学校だけじゃなくておうちに帰ってきてから
何時間も、ユキにはまだわからない難しいお勉強をするのでしょう?
中学生や高校生になった人は、そうしたい。
ヒカルお姉ちゃんも、体を動かすほうが好きなのに
学校のテストの時期は一生懸命お勉強しているみたいです。
ユキもそのくらいの年になったら、お外に出られない季節に
ずいぶんかしこくなるかもしれません。
嫌いだなんて投げ出すことは
しないんだから!
そのくらいの頃には
もう子供じゃなくなっているんだから。

でも、小さいユキは今は
秋が来るのが寂しいみたいです。
運動の秋や、食欲の秋が待ち遠しい子もいるのに
ユキってわがまま!
日暮れの早さが、いじわるをしているみたい。
そんなことないのに。
おうちに帰って家族と過ごせる時間が増えるのにね。
ユキも一人部屋ではなかったら、よかったのでしょうか?
お兄ちゃんは一人部屋で寂しくない?
もう高校生だから平気なの?
ユキは高校生になるまで、ずいぶん長いです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。