アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  観月 >  観月の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観月の偽日記

『おっぱい風呂』

曇天からは、ぽつぽつと。
降るやら
降らぬやら
天の神様も決めかねる。
久しぶりの幼稚園で
汗をかくまでおうたをうたっても
帰り道は風も涼しく
誰かにくっつきたいここちして、
恋しい恋しい
家族の肌じゃ。
兄じゃよ!
だっこしてたもれ。
お風呂に入ったからきれいになったゆえ、
遠慮はいらぬ。
家族の守るべき約束でも、決めておる。
遠慮はしない。
でも、
秘密があるのはOK。
うむ。
お風呂も、兄じゃと一緒に入りたかったの。
幼稚園でどれだけ泥だらけになって遊びまわったか
実際に見てもらえれば
話も弾んだであろうに。
湯船に入る前に
体中を泡立てたら
それがみるみるうちに茶色に変わり
立夏姉じゃいわく、
アメリカのコマーシャルか!
そうなのか?
確かにこれなら、よく落ちることは一目瞭然。
売り上げ効果も抜群であろう。
石鹸の力ではなくて、わらわの汚す子供力であったが。
夏休みの間も、お風呂では毎日ずいぶん汚れがわかって
家族と遊ぶと違うのうと感心しておったが
やっぱり今日は、久しぶりだと思って
はしゃぎすぎたかの。
ちょっとお疲れかもしれぬ。
そしたら、
立夏姉じゃのおひざに乗って
湯船に肩までつかって
ふー、極楽。
疲れが吹っ飛んでいくのじゃ。
ひとっ風呂浴びたら
元気が戻る。
わかさじゃ!
そうやって湯船につかると、
にらめっこすることになる
蛍姉じゃのおっぱい。
どんぶらこっこ、
どんぶらこっこ、
流れにたゆたう
ふたつのこぶね。
うーむ、あれが母性というものか。
視線を上げると、蛍姉じゃの表情も極楽気分。
ふりむくと、立夏姉じゃもえびす顔。
お風呂は気分が良くてすてきじゃ。
毎日でも入りたいものじゃな。
まあ、入りたくないと言ったら怒られるか。
兄じゃもお風呂で毎日きれいにして
石鹸の匂いのするいい男でいるのじゃぞ。
明日は、兄じゃも蛍姉じゃも一緒に入って
楽しくお風呂がいいのじゃ。
うちは細かいことを気にしないから
きょうだい仲良く一緒にお風呂に入るのは当たり前。
細かいことを気にする子もいるが
このくらいなら、たぶんかまわぬであろ。
それから、吹雪姉じゃも誘おうぞ。
急に涼しくなって切ない顔。
小さい子は手を繋いでいないとどこへ行ってしまうかわからぬが
熱に弱い吹雪姉じゃは、手を触れられなくてちょっと寂しい。
涼しい季節にみんなが手をつなぐようになると、
自分は理性的で冷静だから、手を繋ぐ理由はないとごまかす。
理由はいらぬ。
小さい子は、大人に甘えるものなのじゃ。
わらわもそうしておる。
家族の約束もある。
お風呂はお好みでぬるめにして
子供が入るときの約束は、
肩までつかって
とおまで数える。
ひー、ふー、みー、
わらわだけ数え方が古風であろうか。
昔の学問に触れるのが好きで
昔の人とお話をすることも多い。
神も昔は人なれば。
よく、家族にも聞かせたい教育的な因果話を多く伝え聞いてもいるが
怪談の季節が過ぎると、なかなか機会がない。
ま、おいおいな。
数え方が少し違っていても、
体が少し弱くても、
とおまで数えるのは変わらぬ。
子供の誇らしいお仕事。
具合が悪くなったときに助けられるよう
神様も、大人も、ちゃんと見ているから
安心してよいのじゃ。
見ての通り、
大人になったらその証に、おっぱいが大きくなる。
難しいことを考えて大人っぽい吹雪姉じゃも
そろそろいいおっぱいを持てるかの。
もっと甘えていたいかの。
もしかしたら、兄じゃだって
何かのきっかけで膨らんでくるかもしれぬ。
男らしく家族の一員でいてくれる立派な兄じゃ。
たまにはちょっと膨らんでいたって
ごあいきょうじゃ!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。