アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  真璃 >  真璃の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真璃の偽日記

『キャンディー』

生まれ変わっても続く
永遠の愛は
この世の中にあるけれど、
いくらなめてもなくならない
奇跡のキャンディーは
どこにもないの。

マリーは女王でもあるけれど
まだ幼稚園の年長さんだし
甘いものが必要なのよ。
それなのに、小さいからたくさん食べたらいけない
この理不尽。
なんてこと──
女王でも思いのままにならないことって
たくさんあるわね。
とはいえ、
人の上に立つものは、ちょっとくらいのことで
へそを曲げたりしたらいけないの。
忍耐強く、強い意志を持って
民衆を導いていかなければ!
それができないなら、
革命を起こされて
つゆと消える運命。
前世のマリーは、すこーしだけわがままだったの。
もっと人々を大事にするべきだったわ。
美しい宝石も、華麗な芸術も、
毎日汗を流して働く人たちが
世の中を支えているから成り立つのだということを
もう忘れたりしないわ。
パンがないときは
自分の身を捧げて──
僕の顔をお食べ!
って、言ってあげられる優しい女王にならなくちゃ。
子供らしい知識も、将来の役に立つものなのね。
捧げるのは、あんぱんの顔じゃなくて慈愛というところは注意。
無邪気にマンガごっこしている小さい子達じゃないんだし、
マリーのかわいらしい顔を自由にできるのは
愛する人だけじゃないとね。
フェルゼンの愛の証、
今日の記念日に受け取ったわ。
さくさくとした食感も楽しく、
ふわっとバターの甘い香りが広がる
おいしいクッキー。
素敵よ、苦労して探したんじゃないの?
フェルゼンは、無骨な男の人。
不器用なところもかわいいタイプで
女の子に振り回されて──
本当は、しっかりしているところもあって
決めるところは決める、マリーのりりしい恋人。
きっと、このクッキーは、愛を示すために
世界中を走って必死で探し求め、
嵐の街を駆け巡り、
革命の戦火を潜り抜け、
ライバルと剣を打ち交わし、
愛のために海を泳いで渡り、
ぼろぼろになりながらも、疲れた体を引きずって
ついに届けた情熱の結晶。
いいのよ、謙遜しなくても。
マリーには全部わかっているんだから。
本当は違うとしても、
もしも必要なら、実際にそんな困難に挑むことになったとしても
ためらわないだろうって──
そんなフェルゼンの愛は、ちゃんと伝わったわ。
だから女王としてするべきことは、
ちゃんと見ていてどれだけ立派だったか、教えてあげること。
この家族はあなたがいなくては成り立たないと。
マリーはまだ小さい女王で、
甘いものも
愛情も
大人の人よりもたくさんもらわないといけないでしょ?
今度も女らしいマリー・アントワネットになるために、
体も心も、成長中。
フェルゼンと愛し合って経験を積み重ねたマリーだもの。
これから大きくなれば、もう姉妹の誰も追いつけないくらい
魅力的になるわ。
前世のマリーも絶世の美女だったけれど
愛されて育って、比べ物にならないくらい美しく立派になるんだから。
フェルゼンは、そんなマリーにふさわしいただ一人の男性。
こうして家族として生まれて、長い時間を過ごせることに感謝。
大きくなったときに、運命の人に出会えるか不安に思うことももうない。
そして、家族だから、結び合う絆は永遠だと信じ合える。
二人を引き離すものはもう何もないわ。
いいえ、あったとしても、負けるものですか。
バレンタインに誓い、
ホワイトデーにもこうして誓って、
また来年もしましょうね。
恋人同士の、永遠の誓い。
もしもこの生涯に
フェルゼンがギロチンにかけられそうになっても
マリーが必ず駆けつけて
女王の威厳で解放させるわ。
なめてもなくならない
不思議なキャンディーよりも尊いもの。
マリーとフェルゼンは、もう手にしているの。
でも、もしも本当にそんなキャンディーがあるのなら
マリーのために命をかけて手に入れてくれるわね。
甘いものが必要な子供のうちに届けてもらうのが理想なんだけど、
一番に大事なのはフェルゼンそのものなんだから、
今すぐになんて無理は言わないわ。
二人で、一生をかけて探していくのもいいかもしれないわね。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。