アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  立夏 >  立夏の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立夏の偽日記

『まっぱ』

オニーチャン──
今日さあ、
やけに暑くなかった?

暑かったって言って!
言って、言って!
リカのことスキだって言って!

あ、やっぱり?
やっぱり、リカのことそんなにスキだったんだ?
じゃなくて、暑いってことね。
急にどえらい陽気になったネ!
お空の上で何があったんだろう?
やっぱり天使たちも、リカのヘソ出しが早く見てみたい?
冬の間、相当オシャレしたし。
生足が出てたって、寒くない!
気合入れて、女の子してたもんね。
なんか、認められちゃった?
立夏よ。
今度は、薄着になりなさい。
みたいに、期待されてるんジャナイ?
神様がそう言うならしょうがないな!
でも、実は全然そんなことなくて、また寒くなったら
どうしよう?
ちょっと前まであんなに、ほら、
生足が出てたって、気合でカバー。
寒くないは言いすぎだったネ。
まだまだ春は先だから、って思ってたから
えっと、その。

急にあっつくなっても、まだ服出してないんだよね。
そろそろ春の服の準備を、って
おねーちゃんたちにせっつかれていながら、
やったことと言えば、
自分のタンスをひっくり返して
過激なパンツを見つけて小雨ちゃんに勧めることばかり。
姉妹なんだから、もっと下着も共有しようよって。
やっぱりマズいか。
オニーチャンは、どうせスカートがヒラヒラ揺れるなら
チラチラする中身はセクシーなほうが嬉しい?
リカはね、ワオって言わせたいから
セクシーも時にはいいよね、みたいな感じだけど、
それならパンツは姉妹それぞれが自分で選ぶほうが
ふいに見えたときに予想つかなくてドキドキするかなって考えるの。
だから使いまわしはしなくていいかなあ。
服は選んであげたいのに、パンツは違う。不思議だね?
小雨ちゃんも、一つ二つ気にいったのを持って行っただけだから
チラッと見えたときにこれは立夏と同じだって心配はあんまりないね!
ていうか、オニーチャンはリカのパンツだけ見てね。
それがいちばん、って思えるようにがんばるから!
まあ、先にがんばるのはタンスの片付けだね。
春服コーディネートをお披露目できるのは、いつのことになるやら。
できれば、春が終わる前に部屋が片付いて欲しいなあ。

そんなわけで、
急に暑くなってもまだ薄着の季節じゃないし。
この気温には、
これはそろそろ、おやつとかデザートにアイスも合うんじゃない?
昼間の汗ばむあの熱気!
リカにアイスを作れと要求しているよう。
大丈夫、もう失敗は繰り返さないって。
作ったアイスが多すぎたら、ちゃんと吹雪ちゃんも呼んで分けるし!
だから今度は心置きなくいっぱい作れるじゃない?
それから、最近の体重の増減は──
夕凪ちゃんが体重計にいたずらしたりしなかったりしてるだけだってば。
おなかのお肉なんて、冬を越す助けになったと思えば許容範囲だヨ。
それに、ちょっとくらい危機感があるくらいがいいと思うんだよね。
もうすぐ春休みが来るから、毎日のんびり過ごせるかもって気分で待ち受けてるけど、
短い休みだし、ゴロゴロしてたらすぐ終わっちゃうよね?
ぼやぼやしてると肉もやばいよ! って自覚していたら、
毎日運動の名目で遊んで、オニーチャンを連れてはしゃぎまわって、
充実した春休みを過ごせるんじゃないかな?
今年の立夏は、そんなふうに計画的なんだヨ。

だから、アイスを、ね?
あんまり暑くて困っている子もリカだけじゃなくてたくさんいるし。
青空ちゃんなんて、暑いからって脱ぎだしちゃう。
汗をかきながら自分の服を引っ張って、
おぎょうぎ悪いのが分かってるから、まず確認に来るの。

まっぱになっていい?
まっぱになっていい?
まっぱっぱ!

そうだよね、みんな暑いよねって
リカも脱いでいいカナって気分にもなるんだもん。
あの時にオニーチャンがいたら、大変だったよ。
思いっきり脱がされてたよ。
リカの手で。
暑いんだし、ブレイコウだってば!
よいではないか!
よいではないか!
青空ちゃんに変な言葉教えたってあとで怒られちゃうから、
よいではないかはふたりっきりのときにね。

まだ3月はこれから。
今の時期、暖かいように思っても
日が落ちてびゅうびゅう吹く風が冷たく感じたりするよね。
そんな季節にアイスは勇気が必要に見えるけど、
寒いときには、リカがくっついて暖めてあげるから
ねえ、いいでしょ?
今年もそろそろ、アイスデビューしようよ!
寒くなったら体を寄せて、
ほっぺたをぴったり合わせて。
ドキドキほかほか暖かくなったら、今度は手だけ合わせて。
見つめ合っても照れないくらいの距離でいようよ。
憧れのオニーチャンの顔を、心臓バクバク向き合える距離は
どのくらい?
もしリカが勇気を出して、恥ずかしさなんて吹っ飛ばせたら、
ゼロ距離だ?
そしたら、今度はさっきアイスを食べた時より短い距離で
食べさせ合って、
甘い時間を過ごした後は
抱き合ったらいいんじゃない?
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。