アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >   >  蛍の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍の偽日記

『大変!』

大変、
どうしましょう!

お兄ちゃん、
大変なんです!

このままでは──

2月が、
2月が!
終わってしまうんです!

あ、
そんなの当たり前のことですよね。
でも、3月に入ったらすぐ雛祭りがあるんです。
お雛様も飾って、お部屋はなんだか華やいだよう。
我が家の女の子たちもみんな、立派なお雛様を見て喜んでいます。
これは、日記でもお話に出るんだろうな。
女の子のお祭りだし、かわいらしい話がたくさん聞けるはず。
まだ少し先だから、何度も話題になるんだろうなあ、
嬉しいな!
なんて思っていたら、
今日になって急に気がついたんだけど、
2月って少し短かったんです。
このままだと、すぐ終わってしまうんです!
お雛様の話……みんな、あんまりしませんね。
それよりも、お兄ちゃんに聞いて欲しい大切なことが
いっぱいあるんですね。
言われてみれば、そんなに雛人形って
一日中見ているものじゃないですね。
お兄ちゃんと遊ぶものでもないし、
他にしたいこといっぱいあるみたい。
楽しい雛祭りは当日になってから。
毎年コスプレをしているわけでもないですから
今年は準備もそんなにありません。
お部屋の見た目が華やかになったくらいで、
実はあまり影響がないのでしょうか?
雛祭りがついに来る、張り切っちゃう!
っていうイベントじゃないかもですね……
蛍は何を期待していたのか、
こうなってくると自分でもさっぱりです。
今年もコスプレしたらよかったかな?

それに、
女の子のお祭りだと、
私たちのお兄ちゃんが参加しにくい気がしませんか?
それで、テンションがあがりきらないのかなあ?
お兄ちゃんもこの家に来てずいぶん経って、
蛍のわがままも聞いてもらっています。
いつもありがとう、お兄ちゃん。
お兄ちゃんがいてくれて、蛍は毎日嬉しいことがいっぱい。
というわけで、もうずいぶんコスプレに慣れた頃ではないですか?
お内裏様に扮装して、今度は本当に家族みんなでお雛様になるの。
どうですか?
でも今年は準備していないから、今からだと無理ですね。
お兄ちゃんがその気になってくれたら、来年しましょうね。
その時は蛍はきっと張り切って、
かつてない会心の衣装を製作しそうな予感があります。
お兄ちゃん、来年は絶対しましょうね!
あ、いえ、あんまり無理に誘ったりするのはいけないですけど、
蛍もお兄ちゃんの素敵なところ、
もっと見たいんだもの。
いつもわがままを聞いてもらっているのに、ついついこんなこと。
いけませんか?

今年の雛祭りは、もうすぐやって来ます。
小さい子たちがお兄ちゃんを順に連れて行って、
お雛様を見せてあげたかったみたいで、
ずいぶん引っ張られていませんでしたか?
本当にお疲れ様でした。
みんな、いつもお兄ちゃんと遊びたくて仕方がないんです。
きれいなお雛様を見てもらえば、きっと喜んでもらえるはずですもの。
なんとなく盛り上がってきているとは言えるし、
これから雛祭りのごちそうの用意をみんなで支度していくうちに、
また雰囲気が出てくるんじゃないかなと思っています。
当日は、楽しい雛祭りになって欲しいな。
蛍も家族たちと力を合わせて、いい雛祭りを迎えられるようにしたいです。
そこまで張り切るものでもないですか?

でも思うと、やっぱり
2月の短さは、改めてびっくりしちゃいます。
26日って言えば、普通の月ならもう少し気持ちの余裕がある時期だけど。
明日と明後日で、今月が終わっちゃう!
来月になったら、雛祭り本番に向けての仕上げ。
うわー、短いような気がしてきます。
お兄ちゃん、どうしよう、ホタ焦ってきちゃう。
どうしたら落ち着けるかな。
ホタ数学は苦手だから、素数は分からないし。
お兄ちゃん、迷惑でなかったらホタの勉強を時々見てもらえませんか?
あ、それとも、気持ちが落ち着くように手を握ってもらってもいいですか?
ホタがまだ小学生の頃は、怖いテレビを見てしまったら、
春風ちゃんやヒカルちゃんと手を繋いで、
同じ布団に入ってぎゅうぎゅうしながら眠りました。
布団の中の温度は上昇、怖くてぶるぶるしているどころじゃなくなって、
ほかほかになって眠ることができたんです。
お兄ちゃんと一緒に寝るなんて考えたら少し恥ずかしいけれど、
落ち着くように手を握ってもらうだけなら、いいですか?

まあ、できることをすればいいか。
とにかく、楽しく雛祭り当日を迎えたいものです。
でも雛祭りはコスプレの日じゃないですね。
女の子の健やかな成長を願い──
お雛様には、私たちの厄を代わりに請け負ってもらう意味もあるんでしょう?
不思議な力を持っていて、
時には、私たちの分身とも言われる、お雛様。
雛祭りのお祭りのおかげで、これからも無事に過ごせたら
それが一番ですよね。
でも、蛍は分身よりも、本人をかわいがってもらいたいな。
お雛様ほど、いつ見ても華やかってわけじゃないけれど、
蛍も毎年、ちょっとは女の子らしく成長していませんか?

これからも、毎日を幸福に過ごせますように。
家族みんなが元気で、そして、女の子として楽しくいられますように。
蛍は、もう少しでいいから、お雛様みたいにきれいになれたらいいな。
それから、お兄ちゃんがいつもかっこよくて健康で
私たちの家族でいることが幸せでありますように。
お雛様、今年の雛祭りもよろしくお願いします。
私たち家族のことを見守ってくださいね。
ちょっとお願いしすぎたかな?
これは、どうやら今年も、
雛祭りの本番は張り切ったほうがいいかもしれません。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。