アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  春風 >  春風の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風の偽日記

『前夜』

目が覚めたときには、
晴れ渡る冬空、
広がる銀世界。

小さい子たちは競うように駆け出して、
登校する時間になっても遊び足りなかったみたい。
帰ってきてからも雪が残っていたらなあ! だって。

あれ?
みんな、明日の準備はどうするの?

そうなると、
明日は春風が王子様を独り占めしてもいいのかしら?
やった!

この雪は
愛の妖精からの贈り物だったのかも?

普段からまじめにがんばってきた
春風へのご褒美ね!
神様はやっぱり見ていてくれてるんだなあ──
それって、明日こそついに私と王子様の
運命の日になるってことかしら?
ああ、どうしよう──
心の準備は──
もう、ずっと前からできているから大丈夫ですね。
早く明日にならないかな!

と、浮かれてしまったけれど、
みんな帰ってきてから、
がんばってチョコの準備をしていました。
そういうわけだから、春風が王子様を独り占めにはできないかも。
みんな張り切っています。
楽しいバレンタインにしたいですね。

蛍ちゃんが作ったメニューも、
スタミナを付けるウナギのチョコ蒸し、
チョコカキフライ、
チョコあんかけチャーハン、
具だくさん海の幸と山の幸盛り合わせチョコパエリア、
などは、
春風が阻止したので大丈夫です。
蛍ちゃんが次々と考案するチョコ料理は、
泉のように湧き出す勢いこそが
王子様への愛そのものなのかもしれませんね。
もしかしたら、全部は抑え切れなかったかな。

それで、
王子様は、毎年甘いチョコに囲まれてしまうでしょう?
もちろん一番甘くてとろける味は春風の心なんですけど、
それは王子様次第で、毎日召し上がってもらえるということもあるし──

最後までチョコ作りが難航している
ヒカルちゃんとふたり、
今夜は春風の最後の仕上げ。
みんなの用意したものは甘いチョコが多いし、
春風はここはひとつ、
甘いだけじゃない少し大人の味、
洋酒を使ったチョコレートを考えています。

他の子たちと少し違う刺激を用意をして、王子様を待っているの。
王子様も、きっと好奇心で手を出してみたくなります。
でもやっぱり、春風は待つなんて性格じゃないかな?
もっと直球が好みかも──
王子様は、何か希望するものはありますか?
春風へのバレンタインのリクエストはまだ間に合いますよ。
どんな春風が──
王子様はお好きですか?

とうとう本番を明日に迎えて、
私たちも、切羽詰っているようなどこか焦る気分と、
早く愛する人と素敵な日を過ごしたい待ちきれない気分で
ドキドキする、
ムズムズするの。
王子様、
世界中にバレンタインは訪れるけれど、
本物はここだけじゃないのかな、
世界のどこにも
他の場所にバレンタインなんてない、
と思うんです。
だって、こんなに愛しているなんて
他の誰かにできるのかしら?

王子様がいちばん幸せに過ごせる
世界でただ一つのバレンタインは
春風たちがいるこの家にしかないんだって
そんな気がします。
もっとたくさんのものをあげたいんです。
溢れる気持ちを贈りたいんです。
私たちの愛を受け取ってほしいんです。
ううん、受け取ってくれなくても──
こんなに愛していることを知ってもらえなくても──
ただ、あなたを愛しているだけで春風は満足──
できるものならしたいんですけど!

きっときっと、
王子様を喜ばせてさしあげます。
自信があります。
努力します。
どうか、今年のバレンタインを一緒に過ごしてください。

春風、もしかして大人のチョコを味見しすぎたかな?
少し酔っているのかも。
なんだかふらふらしているような……
一人で歩けなかったら、どうしよう?
王子様、春風を部屋まで連れて行ってもらえませんか?

雪のように真っ白いベッドに
汚れのない春風を横たえたら、
あとは王子様の好きにしてください。

一日くらい早くても、
春風は気にしません。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。