アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  星花 >  星花の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星花の偽日記

『夕凪ちゃんのペット』

ワンワン、
ニャンニャン、
コンコン、
ペンペン。

ここまでは、いいんだけど──

お兄ちゃん、
ウサギの鳴き声って知ってる?

いま、みんなの間で説が分かれていて、

きゅうきゅう
っていうのと、

ぶうぶう
っていうのと、

うさうさ
っていうのと、

ぴょんぴょん
っていうのと
四つの説が、今のところ有力です。

飼育係を経験したお姉ちゃんたちの
鳴かない、って意見が出たけど、
でも、うさぎだって恋をしたら
気持ちを伝えようと、言葉にしたいんじゃないか、
うさぎにもし大好きなお兄ちゃんがいたら
一緒に遊びたいんじゃないか、
うさぎは革命の火に巻き込まれたら
愛を歌い上げたいのではないか、
うさぎだって戦場に出たら
割れるような大声で名乗りを上げたいんじゃないか、
様々な意見が紛糾して、
主に小さい子を中心に──
うさぎの想像が発展を続けているのです。
ちょっと星花の意見も入ってますけどね。
星花、もう小さい子じゃないのに、おかしいですね。
でも星花、お兄ちゃんの名乗り上げが
きっと誰よりも凛々しくてたくましいと思います。
本当は、お兄ちゃんと一緒に戦場に立つ星花が
かっこよくありたいのになあ。

観月ちゃんは、狐がかわいいって主張しています。
あまりメジャーなペットじゃないし、同意する人は少なくて──
お兄ちゃんはどう思いますか?
狐ってペットに向いてるのかな?

とはいえ、
みんな、空想上のお遊び、
なんですけどね──
はあ──

夕凪ちゃんは、もうずいぶん立ち直っているけれど
なんかもう、ペットのことはすっかり忘れたみたいにしているけれど、
星花はなんだかかわいそうで
ついつい、夕凪ちゃんの元気が出るように
お菓子を買ってきてあげてしまいます。
そういうときは、小さい子たちにも分けてあげたいし
結局、安くて量がある駄菓子を選んでいくくらいが星花の精一杯ですが
それでも大喜びの夕凪ちゃん。
ああ──
嘆いてもどうにもならないですけど──

星花、ちょっと考えてみました。
青空ちゃんが時々連れて帰ってきちゃうカエルは
あまりペットで飼っていてもかわいくないし、
家族が多い家でも、水槽で魚や亀を飼うなら、
でも夕凪ちゃんは水槽の手入れみたいに根気がいるお世話は苦手だし
それに、観賞用の魚は、体でぶつかって触れ合うのが得意な夕凪ちゃんには
合わない気もするんです。
鳥カゴで鳥を飼うとしても、すぐに逃がしてしまいそうだし……

だけど、
吹雪ちゃんが言っていたんだけど、
一人ずつ好きな動物を飼えるように分かれた家があったら
やっぱり寂しいし、吹雪ちゃんもそれはいやだって。
そんな家に住んでいたら、みんながお兄ちゃんのところに集まってしまうかな?
広い家に住む話なのに、今よりも狭いところに集まりそうな話になっていますね。
星花も、どさくさで、お兄ちゃんともっと家でも一緒にいられたらなあ。
でも、あんまりお兄ちゃんのお部屋に押しかけたりしたら迷惑だもの。
たとえば家が広くなるとかで、星花の寂しさが膨らんで耐え切れなくなったとしたら、
お兄ちゃんにお仕えする立派な武将になるはずの星花が、もしそんな弱気なことを言い出したら
そのときは、しかられてもいいし、
厳しく鍛えなおされてもいい、
もし処刑されてもかまわないので、
追い出したりしないで、お兄ちゃん、どうか星花のことを迎え入れてください。

ちょっと寂しい想像をして、ややへこんだ星花でした。
本当は、
ペットが飼えなくても、
こんなにたくさんの優しい家族に囲まれているんだから
星花が寂しがることなんてないのにね。
星花、よくばりないけない子なんでしょうか?
ペットのことだけじゃなくて、
お兄ちゃんと遊んでいるとよく
迷惑だとか考えないで、夢中になってしまう、
子供っぽいいっぱいのわがままも、思い出しちゃった。

お兄ちゃんの周りに誰もいない隙を見つけたとき、
まわりをよく確認しないで飛びついちゃうから
他の子と同時に飛びかかってしまう偶然、結構あるんですよね。

そんなときにも、慌てた顔をしながら
しっかりと星花たちを受け止めてくれるお兄ちゃん。

動物なんていなくても、
星花は、もっと嬉しいことを知っています。
お兄ちゃんは、象よりも馬よりもライオンよりも
世界中のどんな人よりも
かっこ良くて優しい、星花の憧れです。

空想しているペットの話だと、
パンダのふかふかのおなかに顔をうずめてみたい派もいます。
クマさんと人気を二分してるかな。
それとね、イルカと一緒に遊びたい意見で盛り上がったし
背中に乗って海を渡ってみたいタイプと、
イルカと協力して楽しい芸をしてみたいタイプがいるみたいです。

いつか将来、みんなと少しの距離が離れていても寂しくない
しっかりした大人になったとき、
自由に動物も飼えるのかな?
でも星花はまだ、自分がそんなたくましい大人になるなんて
全然想像できません。
まだもう少し、いいよね? お兄ちゃん。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。