アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  ヒカル >  ヒカルの偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカルの偽日記

『猫の日』

ついについに、と
蛍がやけに盛り上がったので
今日は猫の日パーティー。

いったい、何をするのが普通なんだろう?
猫の日パーティー。
不思議なパーティーが始まっている時点で
もう何か普通ではないのだろうか?

普通じゃないかもしれない私たちの猫の記念日は
実際に体験してみると
意外と平凡。
朝から
誰かが
にゃーお。
部屋のどこかから
あれはいったい?
夕凪が
にゃー。
寝る子だから
ねこ、
という語源を聞いたと
ごろごろ
にゃー。
青空も真似をして
にゃーご。
ごろごろ。
日向に寝転んで
なでてもらって
気持ち良さそうに喉を鳴らす。
いや、鳴らす真似。
これでは、せっかくの休日が
だらだらする日みたいになった?
オマエはどんな体験をしただろう。
こういうのは戸惑うかな?
ちょっとは楽しかったのだろうか。
戸惑って、どうしようかと思っても
でも、こういうものなんだと
すぐ馴染んでしまったかな。
だったら私と同じだ。
氷柱が手当たり次第に尻尾を引っ張って
うっとおしいから、外で猫遊びでもしてきなさい!
そしたら蛍がびっくりする。
しっぽをひっぱったら
猫はどっきり、困っちゃう!
おどろいて、おこってひっかくよ!
だめだめ!
と、蛍がそう言っても
別に、誰もひっかきもしないで
素直にぞろぞろ
いい天気だねーって外に出て行ったので
あれは本当は猫の集団じゃなかったのかもしれない。
その場の思いつきで何をしようか考えた、
誰か一人が猫が追いかける
猫鬼ごっこは、猫の遊びでいいのだろうか。
最初は鬼だけが
にゃーって言って捕まえるルールだったのが
あっちから
にゃーん、
こっちから
にゃーん、
小さい子供みたいに、みーみー。
しかも、裏山のほうから、やけに上手な
猫の泣きまねをしている子がいるなと思ったら
溶け残った雪の間から、
本物の猫が顔を出していた。
黒で一色だけの全身に、緑色きょろきょろよく動く目がきれいな猫。
ひげが濡れたみたいにぴくぴく。
青空が追いかけたら、すぐに山のほうへ逃げていって、
軽い身のこなしが残した、うっすらとした足跡。
やっぱりあれは
仲間がいると思って、一緒に遊びに来たのだろうか。
どうも怖がりだったらしい黒猫。
私たちの家にも、知らない子が来たら固まってしまう怖がりは多いけど。
でも、庭で楽しく遊ぶのはみんな大好きだから。
いつでも参加してくれたら
すぐ友達になれたのにな。
あのとき声をかけてきたのは
すぐに追いかけてきてほしいのか、そんな気がなくて様子を見に来ただけなのか、
一緒に遊んでみたいけどなかなか本当の気持ちは言えなかったのか。
本物の猫ではない私たちには、言葉はわからなかったな。
猫の耳と尻尾をつけていても
寝てばっかりは物足りないし、ねずみをとったりできない。
本当は私たちは
人間で、仲良しの家族だった。
春風も蛍も子供みたいにニャンって笑っていたけど
私は猫耳をつけて
ぶにゃーってそれらしく言っても
なかなか猫にはならない気がする。
向き不向きがある?
観月が言うには、昔の文献では
猫という文字は、たぬきのことを指し示していたようだ。
おなかいっぱいになって
家族が輪になってぽんぽこしていそうなたぬきが
私にはちょうどよさそう。
そっちが似合いそうな子は、私のほかにもいっぱいいる気がする。
今日は、春風と蛍が猫の日ご飯を用意するという話だったから
みんなは期待と不安の配合が
だいぶ不安に偏った割合のようだった。
もしや、かつおぶしだけなのかな。
それとも、ねこまんまだったらどうしよう?
ごはんが入ったお汁だから、よくかんで食べなきゃ!
ねずみは食べられないし。
いくらなんでもあんどんの油をなめたりはしないはずだけど?
予想はいろいろだったけれど
晩ごはんは、普通の焼き魚。
猫ご飯だ!
おいしく食べたら、実は本番に待っていたその後の
猫デザート。
蛍の行きつけで、アルバイトもしてお世話になっているパン屋さんと相談の
共同開発。
にゃんにゃんパン。
猫の顔に似たできたてパンが
三毛猫みたいなの三色、
黒猫のこしあん、
ロシアンブルーをイメージしたブルーベリー。
二本の耳を立てて、ほかほかの湯気を出して
ひとかじりしてもらうのを待っている。
一度かじったらもう止まらないと知っているのは
にゃんにゃんパンたちだけじゃない。
においをかいだら、一人残らずもうわかってしまった。
こころなしか、今日はあさひまで
にゃーん。
おなかがすいて、甘えているだけかな?
ミルクは猫の日の特別じゃない、いつものやつ。
猫の日の過ごし方って、こういうものなのか
今でもよくわからない。
はたして、おなかいっぱいぽんぽこに自信がある私は
たぬきの日があったら活躍をするのだろうか。
うーん。
難しいことを考えても仕方ない
私たちの猫の日。
猫っていつもよく寝る子だから
夜はよい子で早く休むのも、猫の日の大事な特別。
おやすみ。
明日も癖が抜けなくて、うっかり鳴いてしまう子が
一人はいそうな気がするな。
もしもオマエが鳴いてしまっても笑わないと約束をしたなら
私の鳴き声にも笑わないって誓ってくれるだろうか?
でもやっぱり私は笑ってしまうのかな?
オマエが気を悪くしないなら
私も、笑われてしまってもかまわない気がするな。
それとも、明日にはうっかりしてしまわないように
今日のうちに二人で、もうこれくらいならいいだろうって
たっぷりと言葉にして
一日を終えておくと、間違えないで済むかも。
そういうものなのか、知らないけど。
何事も、試して損はしないものだし。
にゃんにゃん、にゃん。
明日はもう言わない
甘えたごろごろ。
なでなでして、たっぷり言わせるつもりなら
今日のうちにしておかなくっちゃ。
まだ、ふぎゃーって甘えたりない気もするし
誰かをもっと甘えさせたい気もするな。
たぶん、猫の日はそういうものなんだろう。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。