アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  ヒカル >  ヒカルの偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒカルの偽日記

『2月』

2月になって
少し経って。
新年で一息ついて
ゆっくりしていた頃には
ずいぶん先だと思っていた
イベントが次々と
近づいてくる。
もうラブライブのライブの日。
ライブビューに行けたら
よかったな。
でも、妹たちを連れては行けないからな。
私たちだけで行ったら、小さい子がむくれるだろうし。
それに、このへんも大変な雪。
交通の影響も大きいし
とってもあったかくして
とっても足元に注意して
とっても気をつけて
早めの移動を心がけて、無理はしないように
気をつけてくれたらいいな。
雪はまた別のイベントにも
ちょっぴり心配事。
材料の買出しに行けないみたいだ、って。
それはまだほんのちょっと、先のことになるけど。
2月といえば
真っ先に思い浮かぶイベントは
節分!
だった、私たちの小さい頃とは
雰囲気は
ずいぶん変わってしまった。
大きくなった子が増えたから?
それともやっぱり
贈りたい相手が
この家族みんなのところに
やってきたから?
あるいは、
ただ単に
盛り上がるイベントが
いっぱいあるのが
好きなのだろうか?
いつもの年と同じように
今年も、さくらは
節分の日に
幼稚園で泣いて
帰ってきて
お兄ちゃんにぎゅっとしがみついて
ちからいっぱい
離れない。
こんなに怖がりで、
お兄ちゃんが大好きで。
守ってくれるやさしいお兄ちゃんがいるなら
それは、結婚しないと、って思ってしまって
気持ちが盛り上がることも
あるのかもしれない。
さくらをなぐさめるためだけでも
ないと思うけど
今年の節分の主役は
豆ではなく
蛍の特製、
恵方ロールケーキ。
恵方を向いて丸かぶりはできなくても
家族に幸せがやってくるように
祈りを込めた
節分が過ぎて。
いよいよ
こちらが今の時期のメインイベント、みたいに
寒い家の中にも
ぐんぐん増して行く熱気。
私は女の子っぽくないから
こういうのは得意じゃない。
でも、氷柱や麗が言い出したように
バレンタインはあげたい人だけあげればいい、
あげたくない人を誘わないと約束する
バレンタイン中止同盟を立ち上げる一員に
入るのも
そこまで不満も感じていない。
不器用にしか作れないチョコでも
なんでもおいしそうに食べる人なら
受け取ってもらえるかな、と思うし。
そこは特に不安でもない。
喜んでくれるかな、とはりきる
春風や蛍のように
手の混んだ支度をする子みたいには
私は最初からなれない。
わかってる。
ただ、
今年もバレンタインが来るんだな、
という思い。
あげなくちゃ、というよりは
ああ、
私もあげるんだな、
チョコはあげるものなんだ、
みたいな。
ちょっと適当な気がしても
まあ、
もらうほうだって
私にはそこまで期待はしていないか、
なんて。
そうじゃないかな?
本当は
チョコをあげるよりは
私だったら、一緒に体を動かすくらいが
喜んでもらえそうだけど。
やっぱり、男の子に生まれたほうが
オマエは嬉しかったかな。
同じくらいの年頃の遊び相手があって
いつでも一緒にいられる
仲のいい友達同士で。
近くにいられたら。
私たちがそんなだったら
今、もうちょっとこう
チョコでいいのかな、の感覚は
こんなふうにむずむずしないでいてくれたのか。
これからはあげる側だから
もうもらうことはない。
ただ、受け取ってもらえないとわかっていても、
それでも作ってくる子はいて、
無駄になることは知っているのに
心を込めて。
決して伝わらない気持ちが
何かのきっかけで伝わるように。
それが見ていてわかってしまうと
断るのはちょっとつらい。
本当は、チョコはあげて
気持ちを伝えるだけの思いを込める側より
受け取るほうが大変なのだろうか、
とも思う。
だとしたら、オマエも苦労が多そうだな。
たまにはあげてみるのも
一つの案じゃないだろうか。
オマエがチョコをあげたいとしたら
相手は誰だろう。
でもやっぱり
大変でも、もらいたいのかな。
男の子。
私はこれでも、男の子じゃないから
わからなくて。
どうしたら少しは喜ぶんだろうか、
私が何をしてもたいしたことができる気がしないのに
あんまり回転の早くない頭で
どうもぼんやり
無駄に考えている。
体ひとつでぶつかることができたら
いちばん簡単なのに。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。