アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  夕凪 >  夕凪の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕凪の偽日記

『セクシー』

だって夕凪は
マホウ使い。
どんなにかわいい服も
呪文を唱えて、すぐに出せる。
たとえ裸みたいな格好をしたって
風邪なんて引かない。
夕凪はマホウ使いの子孫だから
三日月をめざすほうきの先に
黒猫を乗せたお姉さんみたいに
つやのある黒いローブの下は
はちきれそうにセクシー、
そんなふうになる。
そのうち。
きっと。
間違いなく。
なるよ!
もうすぐ、マホウをどっさり
覚えるよ。
お兄ちゃんは優しくて
夕凪のマホウをよく助けてくれる。
一緒に呪文を考えてくれたり
夕凪に似合うかわいい魔法陣を書いてくれたり
マホウ使いらしい服は何なのか
聞いたら教えてくれる。
上品な光沢は
ベルベット。
色合いは
紫っぽい夜の色が神秘的だったり
黒が混じったような深い赤も
不思議な力がありそう。
まっすぐ汚れのない白だって
なかなか普段着だと着れないあこがれだし
月の光で染めあげる、秘密の黄色も夕凪に似合うはず。
お兄ちゃんと話し合って決めた
夕凪のマジカルスタイルは
スカートが膝まで短いのと
膝より短いのと
さらに短いのと
それと同じくらい短いのと
候補は四つほど。
ぶかぶかのおじいさんみたいな服なんて
おしゃれじゃないもんね。
マホウを使って
世界一の奇跡を起こす夕凪には
はちきれそうに元気ばっかりがあふれた衣装が似合う。
さすが、
お兄ちゃんだな!
いいところを突く!
夕凪の意見を聞いて
だまってうなずいていただけのような気もするけど
それが難しいんだもんね。
星花ちゃんは
風邪を引いたら困るよ、なんて言う。
吹雪ちゃんは
風邪はマホウでは治せません、なんて言う。
マホウなんだから
風邪も引かないに決まってるじゃん。
だよね?
そういうわけで
蛍お姉ちゃんと氷柱お姉ちゃんの秘密を
お兄ちゃんも聞いた?
隠していたら、かえって誰かが興味を持っちゃって
部屋に入り込んで、勝手に着てもいけないから。
だって。
勝手に部屋には言って服を持っていくなんて
そんな悪い子はいないよ!
夕凪は──
このまえ、ちゃんとサンタさんがピカピカあったかな星の手袋を
靴下に入れてくれたから
反省したのをわかってくれていたんだ、と思ったよ。
まだそういうマホウが上手に使えない間は
お姉ちゃんたちの部屋に忍び込むのはやめたから
ぜんぜん悪い子じゃないんだもん。
蛍お姉ちゃんが作ったのは
寒い季節を忘れて露出度が多くなってしまった
秘密のコスプレ、
山盛り。
気になるけど
奪ったりはしないの。
氷柱お姉ちゃんは、みんなに教えたのは
もしも着たい子がいたとしても
寒い時期が過ぎるまでは待つ
約束をしてほしいからなんだって。
だから、
せっかく教えてもらっても
かわいい秘密の服は
春になるまでのお楽しみ。
というか、
暖かくなった頃でも着れるかどうかわからない
限界をめざす
女の子の挑戦らしいよ。
きわどさは
お兄ちゃんに見せてあげたい気持ちの前では
ためらう理由になんてならない。
蛍お姉ちゃんは
みんなが着たらかわいいかなって
つい、実用性を無視して
作ってしまったんだって。
それでこそ、
マホウの服。
奇跡の力で体を守るそのときこそ
かわいさだけを突き詰めるデザインができるんだと
そんな気がする。
夕凪、
実を言うと
マホウで服を出すのは、まだ苦手なんだよね。
もしも夕凪の知らないどこかで
怪盗のマホウが発動して
夕凪の手元に服が届いたら
それは仕方ないことだよね。
でも、
本格的に寒いから
風邪を引かないマホウをまだ覚えていない夕凪だと
やっぱり早い?
外で遊んだ後で
おうちに入ってきて
あったかい牛乳のカップを前に
鼻水が出ちゃう、って時に
止めるマホウを
お兄ちゃんは知らない?
鼻をかむ時間も待てないくらい
早く牛乳であったまりたいのに。
そういえば、お兄ちゃんは天気予報見た?
こんなに寒くなってきて、そろそろかなって思っていたんだけど
今度の水曜が
雪の予報らしいよ!
積もるかなあ。
でも、海晴お姉ちゃんは
あっちこっちで大変な雪が降っているから
注意を呼びかけるときはまじめなの。
もっと陽気な天気予報が
海晴お姉ちゃんは得意だと思うのにな。
あんまり寒いと心配だな、って
天気予報を見ながら、お姉ちゃんたちみんな話しているよ。
せっかくの海晴お姉ちゃんの天気予報は
もっとみんなで
明るく見ようよ!
だから夕凪は
どこの町だって楽しくなれるよう
ちょうどよく雪が降ったらいいと思う。
やっぱり冬しかできないことなんだから
それなりに降ってくれたら
雪遊びでしょ!
しばらくセクシーコスプレをするのは我慢、っていうか
頼まれても無理! っていうくらい
寒くなった。
真っ白になって雪遊びができるくらい積もってほしい夕凪と
あんまり冷えるとみんなの体調を心配するお姉ちゃんたち。
間を取ってちょうどよく雪が降るように
夕凪は冬のマホウの研究をするよ。
お兄ちゃんは、
やっぱり寒いのはいやかなあ?
それとも、遊べるくらい降ってほしい?
そこが一番、呪文が大きく変わることになる
大事な部分。
夕凪、お兄ちゃんに協力してもらったら
あっという間に一人前のマホウ使いになって
あんまりみんなが困らないくらいに降る雪のマホウを
早く完成させるね。
あったかいセクシーな季節が来る前に
いっぱい冬を楽しむからね。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。