アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  スポンサー広告 >  海晴 >  海晴の偽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海晴の偽日記

『大掃除の続き』

年が明けて
私の仕事も始まって
もう、学校も新学期。

それなのに、
まだ大掃除が終わっていないなんて
そんなことがあると思う?

しかも、
霙ちゃん一人だけじゃなくて
立夏ちゃんもそうだし。
ついつい、みんなのお世話を優先したい
蛍ちゃんや、氷柱ちゃんまで。
でも、部屋の整理整頓をそんなに気にしないヒカルちゃんが
きっちり大掃除を済ませているのは
まめまめしい春風ちゃんが同じ部屋というだけじゃなくて
あんまり物を溜め込んで、増やさないほうだからかも?
だから蛍ちゃんも
どうしても片付けるものが多いみたいで困っているのね。
あんなによくできたかわいい妹なのに。
大掃除は途中で、どうも部屋は散らかっている真っ最中とのこと。
私は見ていないけど。
そもそも、蛍ちゃんと氷柱ちゃんが二人で結託して
他の誰にも部屋を見せてくれない状況なんだけど。
もうすぐだから、と言っているから
今のところは二人に任せておくことにします。

みんなの学校が始まってからはじめての
楽しい週末は
なんと、三連休が待っているというのに
私たちはどうも、大掃除の続きを
しなければならなくなりそう。
そんなことってあるのかしら?
このさわやかな一年の始まり。
さあ、新しい年に
まだ知らない未来へと
全力で
駆け出すぞ!
と、思っていたくても
足元はどうにも、散らかっていて
片付けの用事でいっぱい。
お手伝いを頼まれる子たちも
予定でいっぱいになっちゃった。
旅行している場合じゃなかったのかな……
でも、確か全員がきりがいいところまで進めていったはず。
もう済ませたか、
あるいは帰ってきてからでもすぐ終わるくらいだと
みんながすがすがしい顔で
新年を迎えていたはずなのに。
なぜこうなった?
うーん。
きっと、すぐに終わるはずと思い込んでいたのね。
大掃除って、なかなか時間の見通しが難しいものだし。
時間が空いたから張り切って片付けよう、という時は
あっさり終わってしまって、広くなった部屋で時間をもてあますことも
たまーに、
めったにないけど
たまにはあるから。
たいして時間がかかるわけはないと
思い込んでいたのね。
わかるなあ。
私も、掃除はそんなに得意じゃないほうだから。
あるいは、
旅行から帰ってゆっくりしようとしたその時、
思いがけない場所から
山のように積まれた荷物の山を発掘して
ええっ、この本は買ってあったんだっけ、
みたいなね。
ああ、編み物を途中まで進めてあったんだ、
みたいなね。
なぜか、ある程度進めてから放置した編み物が
最後まで仕上がることは少ないの。
最後まで進められるように余裕がある時期を選んだほうがいいのかな?
でも、何かと用事があるから、たいてい一度や二度は中断するものだし。
どうして春風ちゃんと蛍ちゃんは
きちんと編み物を最後まで仕上げられるの?
そのへん、編み物のコツがあるのか。
また別に、最後まで飽きないコツがあるのか。
一度しっかり聞いておいて
今年こそ、かわいい弟にセーターの一つでも着てもらって
海晴お姉ちゃんの腕で抱かれているみたいに
あったかくしてもらいたい。
でも、実際に腕で抱いているのが好きだから
それで、マフラーより自分の腕で抱いたら
満足してしまうのがいけないのかな?
寒くなったら
いつでも言ってね!
今日の夜から、急に気温が下がる予報なの。
今の時間、もうだいぶ寒くなってきているし。
このごろけなげに文句も言わず
霙ちゃんの片づけを手伝っているのはえらいけど。
片づけがはかどっているから、もう少しと思っても
あんまり夜更かししないで、早めに切り上げて
あったかくして休んでね。
それから、夜まで大好きなお姉ちゃんと楽しく片づけを続けて
なんだか盛り上がってしまって
深夜ならではテンションになってきて
なんだか楽しくて、もうちょっとこのまま話していたいと思っても
そんなのずるいから
早く寝ないとだめだよ!
私だって、部屋はあんまりきっちり片付いているというほどではないし
掃除の手伝いは、キミを部屋に招く口実にできそうだけど
私一人だけの弟クンじゃないんだから
そこはがまんしている。
一緒にいたいときは
おいしいお茶を用意して誘ったり
なんでも悩みを聞いてあげられる
ふたりきりの時間になるようにしたり
キミにとっての
世界にただ一人だけ、
特別なお姉ちゃんになりたいのに
部屋が散らかっているのが役得みたいになって
霙ちゃんはずるい!
そのうち、私の部屋にも片付けの手伝いに来てもらえたら
やっぱり、キミは苦労しちゃうかなあ。
むしろ私が君の部屋の掃除に行ってあげて、
って、掃除が得意じゃないからそれはダメか。
それに、そんな用事で部屋に訪れたとしたら
私は絶対に楽しんで
最初の目的を忘れてしまうわ。
キミといるふたりきりの大事な時間を
掃除よりも、もっと仲良く過ごそうとしてしまう。
そう考えると
実際に部屋が散らかっていて、緊急に助けてほしい霙ちゃんが
せっかくふたりきりでも、他のことをして遊んでいる余裕がないのは
あんがい気の毒な気もするし
やっぱり自業自得でもあるかな。
ともかく
今日あたりから寒くなるから、そんなに急いで片付けようとしないほうがいいと思うわ。
ゆっくりで。
連休は私も
手伝いに、部屋まで行くから。
霙ちゃんは抵抗すると思うけど
そんなわがまま言ってる余裕なんてないんだからね。
掃除しながら、きちんと説教を聞いてもらわないと。
もう私の大事な弟クンをひとりじめにするようなことはだめ、
って。

お掃除が得意な子は、春風ちゃんと小雨ちゃん。
だけど、誰の部屋がどれだけ時間がかかるのか
たぶん二人では手が回らない範囲だし
やっぱり連休は、家族総出になるのかな。
たくましい長男くんがいてくれなかったら
いったいどうなっていたことか、わからないわ。
まあ、
実際どうなるかはまだわからないんだけど。
キミがいてくれるからなんとかなりそうかな、っていう気持ちの支えがあります。
いったい、私たちの家族は
キミがやって来る前はこんなときどうしていたんだろう?
ずいぶん前のこと。
遠い遠い、今は彼方になってしまった昔のことね。
もう戻るつもりはないあの頃だけど
こうして大事な人がおうちにいて
活躍してくれる姿があまりにも頼もしいから
私たちの生活は、最初からこんな時間ばかりだったような気もして。
果たして本当に、遠く離れていた時期があったのかどうか疑問に思えてくる。
キミがいなくては成り立たない私たちの日々。
新年からいきなり、去年の後片付けから始まるのに
変かもしれないけれど
やっぱり今年も、私たちはキミがいないといけないなと実感している。
どうか今年もよろしくお願いします。
キミは今このときも、そしてこれからの一年もたぶんずっと
私たちの中心にいてくれる、この家族の支えです。
きっと、毎日重ねる時間の中で
私たちはにぎやかに過ごしながら
キミが大切な気持ちは、これからもどんどん大きくなっていくんだと思うわ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。