アルケイディア&キュクレイン

アルケイディア&キュクレイン TOP  >  2015年09月
月別アーカイブ  [ 2015年09月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭・綿雪

・綿雪
おひさまが傾いて、ぽうっと赤い火が灯るように染まったら
子供はおうちに帰る時間。
さみしくても
物足りなくても
やり残したことがあるような気がしても変わらない。
真っ暗になる前に、楽しく過ごしたお友達にもさよならを言わなきゃ。
帰り道が一人だって、心配しないでいいよ。
帰れば待っている人がいるんだし、急ぎ足なら少しだけ早く会える。
ちゃんとまわりを見て、車にも気をつけながら
あせらず、あわてず
だけど心は帰り道をまっすぐに。
このごろ涼しくなったお昼の気温が、重ね着をはじめたこのごろの肌に寒く感じたら
お外で遊ぶ一日の、おしまいの合図。
また明日。
目の前いっぱいに広がっていた光がだんだんと薄れて
おうちの明かりがユキを待っている。
あったかい両手を広げて
飛び込んできてもいいよ、と言おうとしているみたいな気がするのは
跳ねるほど勢いをつけてユキがぶつかっていっても受け止めてくれるお兄ちゃんが
おうちにいるからなのでしょうか?
そんないつもの帰り道と変わらない時間が
お兄ちゃんたちの学校の学園祭にも、とうとう訪れようとしている。
窓から差し込む、斜めになった日差しの白い線が
みんなの足元に届いて、影を長く描くのだって
毎日見ている夕方の眺めと何も変わらないままで
たった一つだけ違うのは
ユキたちが帰ってしまったら、この楽しいお祭りは来年までやって来ないということ。
学校に残るお兄ちゃんたちはもうしばらくイベントの時間が続いても
でも学校に関係のない人たちにとってはこれがぱさっと
幕が下りるような区切りになります。
広い体育館の特別なステージで見た演劇も、最後は閉じたカーテンでお別れ。
立夏お姉ちゃんたちの手品ショーは、
最後に紙テープと一緒に出てくる立夏お姉ちゃんと手をつないだマジシャンのお姉さんたちが
いっせいに手を上げて、また下ろして、お礼の言葉と一緒にぺこり。
手が痛くなるまでみんなでいっぱいに拍手をしたら、終わりです。
ありがとう、また会いましょう──
それはユキたちにとっては一年後の約束。
こんなふうにして、見るもの全部がにぎやかで珍しい学園祭の時間は過ぎていって
子供たちがいつもお姉ちゃんたちやお兄ちゃんにしている約束みたいに
夕方になったら帰る時間。
楽しかったからさみしい。
同じ学校のお友達とは違うから、明日になっても会えない。
また一年経ったら。
それまでは手を振って、その時になったら一つ上の学年になったお姉さんたちと
一つだけ近づいたユキたちがまた
この学校で同じ時間を重ねると思います。
はりきっても疲れやすいユキは、生徒会のお手伝いのお仕事があまりできなかったけど
来年になったら、少しはがんばったからって
霙お姉ちゃんはユキにもお手伝いの腕章をつけてくれる?
まだわからない先のこと。
でも今日はできるだけがんばりました。
いろんな出し物を見て回って、大人の人を案内したり
お仕事もだけど、楽しむのが一番だって霙お姉ちゃんが笑っていた通りに
ユキも楽しんだ学園祭。
まだまだ全然見て回っていない場所ばかり多いみたいなのに
もう時間はだいぶ経ってしまったんですね。
宝探しの謎解きも、どうやら見つかりませんでした。
でも、小雨お姉ちゃんたちが持ってきてくれた屋台の食べ物はずいぶん多くて
おばけ屋敷は刺激が強すぎて待っていたユキやさくらちゃんたちが退屈しなかったほど。
こっそりどこかで見つけていたのかな。
もう宝物は奪われてしまった後なのでしょうか?
せっかくお兄ちゃんとヒカルお姉ちゃんたちのクラスの出し物だったけれど
今年で終わりじゃないですものね。
休憩所で小さい子といい子に待っているのだって大切なことだし……
かえって来た夕凪ちゃんから様子を聞いただけでユキはおどろくのだから
やっぱりまだ本物を見るのは早すぎる。
さようなら、今年の楽しかったお祭りの時間。
来年までには心の準備をして備えます!
もっと見て回れたら
楽しむ場所は増えていたかも?
そんな少しの心残りを抱えて、次に出会う日を待つのです。
お兄ちゃんたちは、これからミスコンテストにキャンプファイアーもあるのでしょう?
まだユキが体験するには刺激的なお話をいっぱい
帰ってからこっそり聞かせてください。
きっとだよ?
そんなおみやげを
おとなしくおうちでいい子にしながら、待っています。
スポンサーサイト

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。